トップ > 全国 > 東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 静岡市街 > 藤の家

フジノヤ

藤の家

静岡市街 / おでん

定番から個性派までおでんダネはいろいろ

創業42年、今では少なくなった屋台時代から続く店。おでんダネは定番の練り物から、たけのこ、ソーセージまで約20種類と実に多彩。スジ、モツ、フワの肉3種も珍しい。

藤の家の画像 1枚目
藤の家の画像 2枚目
藤の家の画像 3枚目
藤の家の画像 4枚目
藤の家の詳細情報
住所
静岡県静岡市葵区常磐町2丁目3-6青葉おでん街 (大きな地図で場所を見る)
電話
054-251-0015
交通
JR静岡駅から徒歩16分
営業期間
通年
営業時間
16:30~23:30(閉店)
休業日
水曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
黒はんぺん=100円/牛すじ=200円/フライ=100円/
ID
22012682

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

藤の家と同じエリアの記事

【静岡おでん】市民のソウルフード! ご当地No.1グルメ!

静岡のご当地グルメといえば、おでん。静岡駅周辺には老舗店や行列のできる人気店が点在していて、だし粉をかけて食べる、静岡ならではのおでんを味わうことができます。朝から食べられて甘めの味つけが特徴の駄菓子...

【静岡タウン】新鮮な魚介! 海鮮ランチをいただきます!

駿河湾に面した“海鮮天国”静岡市。漁港が近いので、水揚げされたばかりの新鮮な魚が食べられます。市街地には、絶品まぐろ丼や海鮮定食を味わえる名店が勢ぞろい。静岡の地酒と一緒に楽しむのもおすすめです。アク...

【静岡タウン】遊びながら学べる施設をチェック!

静岡の産業、歴史、自然史などを、遊び感覚で学べる施設がいっぱい。雨の日もOKで、入場料もリーズナブルだ。

【静岡茶】もっと知りたい!スゴイ魅力を徹底チェック!

身近な存在のお茶だけど、実は知れば知るほど奥深い!今回は「お茶についてもっと知りたい!」という方に特別レクチャー!名茶師の存在やお茶の競技“闘茶”など、まだまだ知らない茶の世界へレッツゴー!

【静岡】お茶の本場で味わえる! 絶品スイーツをチェック!

お茶どころ静岡には、いたるところにおいしいお茶を味わえるスポットが点在しています。今回は大人から子どもまで年代問わずに愛してやまない、お茶スイーツをご紹介します。夏場に訪れたい行列必至の冷たいスイーツ...

静岡【丸子・宇津ノ谷】東海道宿場町を観光♪ おすすめおさんぽスポット!

宿場として栄えた「丸子」、東海道屈指の難所だった「宇津ノ谷」には、今も江戸時代の名残を残す場所がある。かつてこの道を通った人々に思いを馳せながらさんぽしてみよう。

【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ! ここで味わえる!

静岡市内でスイーツを食べるならここ!という、知る人ぞ知る名店をラインナップ。フルーツたっぷりのケーキやパフェ、濃厚なアイスクリーム、焼きたて和菓子までそろいぶみ。かわいらしい見た目に、思わず写真を撮り...

【静岡・お土産】絶対買いたい! おすすめの静岡土産 17選

お土産選びも旅の楽しみのひとつ。静岡には、見た目もかわいいお菓子のほか、メディアで話題の商品から定番ものまで、ここでしか手に入らない品がそろいます。今回は、誰からも喜ばれる静岡のおいしいお土産をピック...

【静岡】おでかけ前に!季節のイベントをチェック!

静岡県内のイベントや花の見ごろ、旬の食べ物をピックアップ。おでかけ前のリサーチで、静岡の旬旅がもっと楽しくなる!

【静岡】ワクワク体験!こんなコトが出来る!

静岡県ならではの手作り体験や工場見学、歴史ロマンを感じる体験など、ワクワクするような体験に挑戦!
もっと見る

藤の家の近くのスポット

藤の家のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 静岡市街
トップ > グルメ > 和食 > おでん
トップ > 全国 x おでん > 東海・北陸 x おでん > 静岡・浜松 x おでん > 静岡・奥大井 x おでん > 静岡 x おでん > 静岡市街 x おでん