足立・葛飾のおすすめの寺院(観音・不動)スポット

足立・葛飾のおすすめの寺院(観音・不動)スポットをご紹介します。柴又帝釈天(題経寺)、東岳寺、柴又帝釈天の御神水など情報満載。

柴又帝釈天(題経寺) (シバマタタイシャクテン ダイキョウジ) 柴又を見守り続ける寺

寛永6(1629)年に創建された古刹。帝釈天板本尊を祀ることから、帝釈天の名前で親しまれる。帝釈堂の周囲には見事な彫刻が施され、そのまま彫刻ギャラリーになっている。

柴又帝釈天(題経寺)
柴又帝釈天(題経寺)
柴又帝釈天(題経寺)
柴又帝釈天(題経寺)

柴又帝釈天(題経寺)の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目10-3
交通
京成金町線柴又駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
5:00~20:00、祈祷受付などは9:00~18:00、彫刻ギャラリー・邃溪園は9:00~15:30(閉館16:00)
休業日
無休(邃溪園のみ12月28日~翌1月3日休)
料金
拝観料=無料、一部有料/邃溪園・彫刻ギャラリー共通拝観料=大人400円、小・中学生200円/

東岳寺 (トウガクジ) 安藤広重の墓と記念碑がある

川柳界に貢献した花屋久次郎の菩提寺。「東海道五十三次」で有名な絵師、初代安藤広重の墓所や記念碑がある。

東岳寺
東岳寺

東岳寺の詳細情報

住所
東京都足立区伊興本町1丁目5-16
交通
東武スカイツリーライン竹ノ塚駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

柴又帝釈天の御神水 (シバマタタイシャクテンノゴシンスイ) ここに寺を築く要因になった霊泉がある

「寅さん」でおなじみの葛飾柴又の帝釈天の名水。寛永6(1629)年の開山以前より湧き続けているこの水こそが、題経院日栄上人がこの地に寺を開くきっかけになったという。

柴又帝釈天の御神水
柴又帝釈天の御神水

柴又帝釈天の御神水の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目10-3
交通
京成金町線柴又駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
5:00~20:00(閉門)
休業日
無休
料金
無料

法受寺 (ホウジュジ) 徳川網吉の生母、桂昌院の墓所があり『怪談牡丹灯籠』の舞台

大奥に勢力を振るった五大将軍網吉の生母、桂昌院の墓所がある。三遊亭円朝作の人情噺、「怪談牡丹灯籠」の舞台にもなった。

法受寺
法受寺

法受寺の詳細情報

住所
東京都足立区東伊興4丁目14-8
交通
東武スカイツリーライン竹ノ塚駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

真勝院(弁財天) (シンショウイン ベンザイテン) 七福神の財宝の神、ヒンズー教の水神に由来する弁財天を祀る

柴又、高砂にある柴又七福神のうちの1つ。ヒンズー教の水神サラスバティに由来する弁財天を祀る。水の流れは言語や音楽を司り、学問、知恵、財宝を授けるとして尊崇されている。

真勝院(弁財天)
真勝院(弁財天)
真勝院(弁財天)
真勝院(弁財天)

真勝院(弁財天)の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目5-28
交通
京成金町線柴又駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉門)
休業日
無休
料金
無料
×