雲南・奥出雲のおすすめの文化施設スポット

雲南・奥出雲のおすすめの文化施設スポットをご紹介します。雲州そろばん伝統産業会館、鉄の歴史博物館、可部屋集成館など情報満載。

雲州そろばん伝統産業会館 (ウンシュウソロバンデントウサンギョウカイカン) 雲州そろばん紹介施設

特産の「雲州そろばん」発祥の歴史や製造工程をパネルや材料、道具類、製品などとともに展示、紹介している。隣接してそろばんの製造工房「そろばん回廊」がある。

雲州そろばん伝統産業会館

雲州そろばん伝統産業会館の詳細情報

住所
島根県奥出雲町横田992-2
交通
JR木次線出雲横田駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(GW・盆時期は営業、12月28日~翌1月4日休)
料金
入館料=大人310円、高・大学生210円、小・中学生150円/

鉄の歴史博物館 (テツノレキシハクブツカン) たたらの復元映像が見られる

古い町並みの中にある、鉄の技術や生活史に関する資料館。木造2階建ての1号館は「たたら製鉄とその技法」、茅葺きの民家と土蔵の2号館は「鉄山経営と鍛冶集団」を紹介する。

鉄の歴史博物館
鉄の歴史博物館
鉄の歴史博物館
鉄の歴史博物館

鉄の歴史博物館の詳細情報

住所
島根県雲南市吉田町吉田2533
交通
JR山陰本線出雲市駅から一畑バス(高速バス)広島新幹線口行きで45分、たたらば壱番地下車、タクシーで5分(予約制)
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
入館料=大人510円、小・中学生250円/「鉄の歴史博物館」「山内生活伝承館と菅谷たたら山内」「鉄の未来科学館」の3館共通券=大人1020円、小・中学生510円/(障がい者手帳持参で割引あり)

可部屋集成館 (カベヤシュウセイカン) たたらにまつわる歴史を知る

屋号を「可部屋」と称する桜井家は、「菊一印の平割鉄」が松江藩に認められ鉄師頭取の要職を務めた。館内には、桜井家の歴史を伝える古文書、美術工芸品などを展示している。

可部屋集成館
可部屋集成館

可部屋集成館の詳細情報

住所
島根県奥出雲町上阿井1655
交通
JR木次線出雲三成駅から奥出雲交通内谷行きバスで24分、終点下車、徒歩5分
営業期間
3月中旬~12月上旬
営業時間
9:00~16:30(閉館)
休業日
期間中月曜、祝日の場合は翌日休
料金
入館料=大人700円、高・大学生400円、小・中学生300円/(20名以上の団体は大人600円、高・大学生350円、小・中学生250円、障がい者と同伴者1名半額)

絲原記念館 (イトハラキネンカン) 鉄師頭取(たたら製鉄師)の館

奥出雲を代表する元松江藩鉄師頭取・山林地主の絲原家に伝わる美術工芸品、民俗資料、たたら製鉄の用具など約5000点を公開。庭園、国指定登録文化財の居宅の一部他、洗心乃路も見られる。

絲原記念館
絲原記念館
絲原記念館
絲原記念館

絲原記念館の詳細情報

住所
島根県奥出雲町大谷856-18
交通
JR木次線出雲三成駅から奥出雲交通大谷経由横田行きバスで10分、絲原記念館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉館17:00)
休業日
無休(3・6・9月は月3日展示替え期間休、12月30日~翌1月3日休)
料金
共通入場券=大人1000円、高・大学生700円、小・中学生300円/共通入場券(12~翌3月)=大人800円、高・大学生550円、小・中学生250円/記念館のみ=大人650円、高・大学生450円、小・中学生250円/本宅庭園のみ=大人400円、高・大学生300円、小・中学生150円/本宅庭園のみ(12~翌3月)=大人200円、高・大学生150円、小・中学生50円/(20名以上で団体割引あり、障がい者手帳持参で割引あり)

たたら角炉伝承館 (タタラカクロデンショウカン) たたら製鉄の操業風景を再現

明治期に、たたらに洋式製鉄法が取り入れられ、連続操業を可能にする角炉による製鉄法が行われた。近代製鉄への移行期の操業風景を、現存する高炉の遺構と実物大の模型で再現。

たたら角炉伝承館
たたら角炉伝承館
たたら角炉伝承館

たたら角炉伝承館の詳細情報

住所
島根県奥出雲町上阿井1325-6
交通
JR木次線出雲三成駅から奥出雲交通内谷行きバスで32分、槙原下車すぐ
営業期間
3~12月上旬
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
期間中積雪時
料金
入館料=無料/
  • 1
  • 2
×