関東・甲信越のおすすめのその他乗り物スポット

関東・甲信越のおすすめのその他乗り物スポットをご紹介します。水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」、浅草 パンダバス、那須バギーパークなど情報満載。

水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」 (スイリクリョウヨウバス ヤマナカコ ノ カバ) バスのまんまで湖へ。山中湖の上からとっておきの富士山ビュー

1台のバスで山中湖畔のドライブと湖上クルーズ、2つの遊びが体験できる水陸両用バス。陸と水中の両方で生活するカバをモチーフに工業デザイナーの水戸岡鋭治氏がデザインを手掛け、山中湖の新名物になっている。陸上ではバスとして、湖では船として航行。「KABA」の名前どおり、シートに腰かけたまま、ゆったり2つの観光が堪能できる仕掛けになっている。エンターテインメントあふれる乗り物だ。

水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」
水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」
水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」
水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」

水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」の詳細情報

住所
山梨県山中湖村平野506-296
交通
富士急行河口湖線富士山駅から富士急山梨バス御殿場駅行きで30分、山中湖旭日丘下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:45(1日5~7便)、時期により変動あり
休業日
不定休
料金
乗車料=大人2200円、小人(4歳~小学生)1100円、幼児(0~3歳、座席なし)400円/(第1種障がい者手帳持参で本人と介護者1名半額)

浅草 パンダバス (アサクサ パンダバス) 浅草の移動に便利な無料バス

パンダのデザインが特徴的な、雷門や水上バス、スカイツリー周辺を巡回する無料バス。40分に1本のペースで運行しているので下町観光にも便利に活用できる。

浅草 パンダバス
浅草 パンダバス

浅草 パンダバスの詳細情報

住所
東京都台東区浅草1丁目25-15
交通
つくばエクスプレス浅草駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
ROX前バス停発は10:00~13:03、14:00~17:15(40分間隔で運行)
休業日
月~金曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料

那須バギーパーク (ナスバギーパーク) カナダ製バギーでアドベンチャークルーズ

自然豊かな林道を、スタッフの先導または同乗で走る外周ツアー。普段自動車では通れないような荒地を抜けたり、川を渡ったりと、貴重でエキサイティングな体験ができる。

那須バギーパーク

那須バギーパークの詳細情報

住所
栃木県那須町湯本588
交通
JR宇都宮線黒磯駅から東野交通りんどう湖経由那須ハイランドパーク行きバス(季節運行)で35分、南ヶ丘牧場下車、徒歩3分
営業期間
3月下旬~11月中旬
営業時間
10:00~16:30
休業日
期間中水曜、祝日の場合は営業(臨時休あり)
料金
バギー体験(1LAP)=800円~(50cc)、900円~(125cc)、1200円~(150cc)/大型バギーツアー(2名・40分)=12000円/

スカイバス東京 (スカイバストウキョウ) オープンバスで東京タワーに接近

電車のような乗り換えがなく、2階建てのオープンバスに乗ったまま車窓観光が楽しめるツアー。座席は2階部分にあり、開放的なパノラマビューが楽しめる。

スカイバス東京
スカイバス東京
スカイバス東京
スカイバス東京

スカイバス東京の詳細情報

住所
東京都千代田区丸の内2丁目5-2
交通
JR東京駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店、バス運行は10:00~)
休業日
不定休、荒天時(1月1日休)
料金
大人1600円~、小人700円~(障がい者手帳持参で本人と同伴者1割引)

江の島エスカー (エノシマエスカー) 国内初の屋外エスカレーター

昭和34(1959)年に誕生した、高低差46mを4連で結ぶ日本初の屋外エスカレーター。石段を使うと20分かかる頂上までの道のりを、エスカーならわずか4分で行くことができる。

江の島エスカー
江の島エスカー
江の島エスカー
江の島エスカー

江の島エスカーの詳細情報

住所
神奈川県藤沢市江の島2丁目3-9
交通
小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:05(閉所、時期により異なる)
休業日
荒天時
料金
全区間利用料=大人360円、小人180円/エスカー1区のみ=大人200円、小人100円/エスカー2~3区=大人180円、小人90円/エスカー3区のみ=大人100円、小人50円/(障がい者手帳持参で割引あり)
×