一関市街のおすすめ観光・旅行スポット

一関市街のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。厳美渓、三彩館ふじせい、郭公屋など情報満載。

厳美渓 (ゲンビケイ) 荘厳な渓谷美が広がる

栗駒山を水源とした磐井川の中流に位置し、約2kmにわたり渓谷が続く。国の名勝・天然記念物に指定され、「日本百景」のひとつでもある。高さ10~20mの河成段丘の間を流れ落ちる滝のような姿から一転、穏やかに流れる特徴的な色合いの水流など、さまざまな表情をみせる。

厳美渓
厳美渓
厳美渓
厳美渓

厳美渓の詳細情報

住所
岩手県一関市厳美町
交通
JR東北新幹線一ノ関駅から岩手県交通渓泉閣前・瑞泉閣前・須川温泉行きバスで20分、厳美渓下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
情報なし
料金
情報なし

三彩館ふじせい (サンサイカンフジセイ) 9種の餅料理が一口ずつ味わえる

伝統の餅料理9種類を一口サイズで味わえる餅膳が人気。もち米のなかでも最高峰とされる一関産の「こがねもち」を使ったつきたての餅は、コシが強くてやわらか。あんこやじゅうね、ずんだなど、地元産の食材を使用した手作りの餅たれと相性抜群だ。

三彩館ふじせい
三彩館ふじせい
三彩館ふじせい
三彩館ふじせい

三彩館ふじせいの詳細情報

住所
岩手県一関市上大槻街3-53
交通
JR東北新幹線一ノ関駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)
休業日
月曜、12月は日曜(12月30日~翌1月3日休)
料金
ひと口もち膳お雑煮付き=1620円/月替わり昼膳=1620円/宵の膳(夜のみ)=1800円/月の膳(夜のみ)=2100円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):2500円

郭公屋 (カッコウヤ) 厳美渓名物の空飛ぶだんご

店の対岸に吊るされているかごに代金を入れて合図をすると、かごがスルスルと上り、団子が入って戻ってくる。渓流をかごが行き来する「空飛ぶだんご」は名物。

郭公屋
郭公屋
郭公屋

郭公屋の詳細情報

住所
岩手県一関市厳美町滝ノ上211
交通
JR東北新幹線一ノ関駅から岩手県交通渓泉閣前・瑞泉閣前・須川温泉行きバスで20分、厳美渓下車すぐ
営業期間
3~11月
営業時間
9:00~16:00(閉店、売り切れ次第閉店)
休業日
期間中無休
料金
かっこうだんご=400円(3本)/あん・ごま・しょうゆ(3本)=400円/ 平均予算(昼):500円

道の駅 厳美渓 (ミチノエキ ゲンビケイ) 一関の郷土料理、8種類のもち料理が味わえる

厳美渓近くの国道342号沿いの道の駅。地元の野菜や土産物が買えるほか、レストラン「ペッタンくん」では一関郷土料理のひとつ、もち料理が味わえる。隣接して一関市博物館がある。

道の駅 厳美渓
道の駅 厳美渓
道の駅 厳美渓
道の駅 厳美渓

道の駅 厳美渓の詳細情報

住所
岩手県一関市厳美町沖野々220-1
交通
東北自動車道一関ICから国道342号を須川方面へ車で約6km
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(11~翌3月は~17:00)、レストランは10:30~16:00
休業日
無休、11~翌2月は第3水曜
料金
施設により異なる

ホテルルートイン一関インター (ホテルルートインイチノセキインター) 一関インターの隣に位置する利便性で観光にも活用できる

東北自動車道一関インターのすぐ隣に位置し、厳美渓まで車で10分、世界遺産の平泉・中尊寺まで車で20分と、観光の拠点にも快適。

ホテルルートイン一関インターの詳細情報

住所
岩手県一関市赤荻鶴巻33-1
交通
JR東北新幹線一ノ関駅から岩手県交通瑞泉閣前・須川温泉行きバスで11分、若宮八幡前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休
料金
シングル=6800円~/ツイン=12200円~/セミダブル=10150円~/(シーズン料金あり)
×