富士宮のおすすめのその他カフェスポット

富士宮のおすすめのその他カフェスポットをご紹介します。富士宮やきそば学会アンテナショップ、富士宮やきそば専門店 すぎ本、大吉屋など情報満載。

富士宮やきそば学会アンテナショップ (フジノミヤヤキソバガッカイアンテナショップ) 肉かすのコクとタッグを組んだ歯ごたえ抜群のもっちり麺

今や全国区となった富士宮やきそばブームの火つけ役。事務局ではやきそばグッズが買えるほか、アンテナショップではオーソドックスな焼きそばも味わえる。

富士宮やきそば学会アンテナショップ
富士宮やきそば学会アンテナショップ
富士宮やきそば学会アンテナショップ
富士宮やきそば学会アンテナショップ

富士宮やきそば学会アンテナショップの詳細情報

住所
静岡県富士宮市宮町4-23
交通
JR身延線富士宮駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:30~17:30(閉店)
休業日
無休
料金
やきそば=450円(並)・600円(大盛)/辛麻族(カラマーゾク)の兄弟=500円~/ 平均予算(昼):500円

富士宮やきそば専門店 すぎ本 (フジノミヤヤキソバセンモンテン スギモト) 創業昭和23年、老舗専門店ならではのこだわりの味を堪能

富士宮市で一番古い老舗専門店。オリジナルソースで仕上げた昔ながらの味わい。アレンジメニューも揃う。作り置きはしない、持ち帰り客には麺が伸びないよう冷ましてから包装するといった心づかいもうれしい。

富士宮やきそば専門店 すぎ本
富士宮やきそば専門店 すぎ本
富士宮やきそば専門店 すぎ本
富士宮やきそば専門店 すぎ本

富士宮やきそば専門店 すぎ本の詳細情報

住所
静岡県富士宮市宮町4-23
交通
JR身延線富士宮駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉店)、夏期・祭・盆時期・年末年始は変動あり
休業日
不定休
料金
昔ながらの焼きそば=300円(小)・470円(並)・620円(大)/いかと地元ブランド豚の焼きそば=600円/お好み焼き=250円~/いかちー焼き=250円/ 平均予算(昼):500円

大吉屋 (ダイキチヤ) 富士宮のご当地グルメを味わえる

富士宮やきそばの麺を使ったパスタや、富士宮名物のニジマスなど、ご当地グルメが味わえる。鱒バーガーは、ピンク色のタルタルソースが味の決め手。

大吉屋

大吉屋の詳細情報

住所
静岡県富士宮市宮町4-23
交通
JR身延線富士宮駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(L.O.、夏期は~18:00)
休業日
無休
料金
鱒バーガー=500円/ 平均予算(昼):500円, 平均予算(夜):500円

つぼ半 (ツボハン) 女将さんとの会話も楽しい焼きそばやお好み焼きの店

創業以来焼き続けている鉄板で焼かれるやきそばや富士宮流お好み焼きが評判。女将との会話を楽しみながら焼き上がりを待つのも楽しみのひとつ。

つぼ半
つぼ半

つぼ半の詳細情報

住所
静岡県富士宮市大宮町12-14
交通
JR身延線富士宮駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
17:00~24:00(閉店)、土・日曜、祝日は11:00~
休業日
不定休
料金
富士宮やきそばイカ=600円/しぐれ焼き=700円/五目やきそば=700円/焼肉=600円~/お茶漬け=600円~/ 平均予算(昼):700円, 平均予算(夜):700円

さの (サノ) 地場産の新鮮な野菜がたっぷり

近隣住人から親しまれる店。名物の富士宮やきそばには、農家を営む店主の実家の新鮮な地場産野菜がたっぷり。イカまたは豚肉入りの2種類が味わえる。手づくり3年味噌使用の味噌汁もおすすめ。

さの

さのの詳細情報

住所
静岡県富士宮市元城町18-13
交通
JR身延線富士宮駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:30(閉店19:00)
休業日
水曜、祝日の場合は営業
料金
焼きそば=400円/焼きそば大盛り=500円/しぐれ焼き=450円/お好み焼き=400円/ 平均予算(昼):400円, 平均予算(夜):400円
  • 1
  • 2
×