九州・沖縄のおすすめの共同湯スポット

九州・沖縄のおすすめの共同湯スポットをご紹介します。武雄温泉大衆浴場、別府海浜砂湯、湯宿広場「足湯・足蒸し湯」など情報満載。

武雄温泉大衆浴場 (タケオオンセンタイシュウヨクジョウ) 天平式の楼門がシンボル

武雄鍋島藩主やシーボルトが入浴したという「殿様湯」、重鎮の家臣が入ったとされる「家老湯」など五つの貸切内風呂のほかに、明治9(1876)年につくられた「元湯」、シンプルな大浴場の「蓬莱湯」、露天風呂やサウナがある「鷺乃湯」、宿泊施設の「武雄温泉楼門亭」がある。武雄温泉楼門と武雄温泉新館は国の重要文化財。

武雄温泉大衆浴場
武雄温泉大衆浴場
武雄温泉大衆浴場
武雄温泉大衆浴場

武雄温泉大衆浴場の詳細情報

住所
佐賀県武雄市武雄町武雄7425
電話
0954-23-2001
交通
JR佐世保線武雄温泉駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
元湯・鷺乃湯は6:30~23:00(閉館24:00)、蓬莱湯は~20:30(閉館21:30)、貸切風呂は要問合せ
休業日
無休(12月中旬は1回臨時休あり)

別府海浜砂湯 (ベップカイヒンスナユ) 砂湯で体の芯まで温まる

亀川温泉にある市営の砂湯。海岸沿いにある長さ6m、幅20mの砂湯にいったん湯をはり、湯抜きをして適温に調節している。浴衣を着て横たわると「砂かけさん」が、体の上に砂をこんもり盛ってくれる。じわりと体の芯まで温まる砂湯は、神経痛や皮膚病などによい。隣に足湯を併設している。

別府海浜砂湯
別府海浜砂湯
別府海浜砂湯
別府海浜砂湯

別府海浜砂湯の詳細情報

住所
大分県別府市上人ケ浜
電話
0977-66-5737
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス亀川方面行きで15分、六勝園・別府海浜砂湯前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館18:00)、12~翌2月は9:00~16:00(閉館17:00)、足湯はいずれも閉館5分前まで
休業日
第4水曜、祝日の場合は翌日休

湯宿広場「足湯・足蒸し湯」 (ユシュクヒロバ アシユ アシムシユ) 気軽に利用できる足休めスポット

嬉野温泉街のメインの通り沿いに湯宿広場があり、無料で利用できる足湯と足蒸し湯を設置している。円状に7つの席を設けた足蒸し湯では、隣の人との会話も楽しめる。

湯宿広場「足湯・足蒸し湯」
湯宿広場「足湯・足蒸し湯」
湯宿広場「足湯・足蒸し湯」

湯宿広場「足湯・足蒸し湯」の詳細情報

住所
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙
電話
0954-43-0137(嬉野温泉観光協会)
交通
JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで33分、嬉野温泉下車、徒歩3分(タクシーでは26分)
営業期間
通年
営業時間
8:00~23:00(閉館)、足蒸し湯は9:00~20:00(閉館)
休業日
無休

竹瓦温泉 (タケガワラオンセン) 別府温泉を代表する下町の湯

別府の市営温泉のなかでも歴史が古く、別府温泉のシンボル的存在。唐破風づくりの重厚な建物同様に、館内もレトロな雰囲気が漂う。砂湯が名物だが、地元の人から愛されている半地下の内風呂も昔ながらの風情を残していて趣がある。泉質は男湯、女湯、砂湯のいずれも異なる。

竹瓦温泉
竹瓦温泉
竹瓦温泉
竹瓦温泉

竹瓦温泉の詳細情報

住所
大分県別府市元町16-23
電話
0977-23-1585
交通
JR日豊本線別府駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
6:30~22:30(閉館)、砂湯は8:00~21:30(閉館22:30)
休業日
無休、12月は第3水曜、砂湯は第3水曜、祝日の場合は翌日休

鉄輪むし湯 (カンナワムシユ) 古くからの温泉療法で疲労回復

鎌倉時代から続く古来温泉療法の蒸し湯。男女別の石室があり、温泉で熱した床の上には石菖が敷き詰められ、その上に浴衣などを着て寝転ぶ。Tシャツや短パンを持参してもいい。体の芯まで温まり、汗が出る。無料の足蒸しを設置。

鉄輪むし湯
鉄輪むし湯
鉄輪むし湯
鉄輪むし湯

鉄輪むし湯の詳細情報

住所
大分県別府市鉄輪上1組
電話
0977-67-3880
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪行きで20分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
6:30~19:30(閉館20:00)
休業日
第4木曜、祝日の場合は翌日休
×