霧島・えびの高原のおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

霧島・えびの高原のおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。霧島神宮、高千穂河原、東霧島神社など情報満載。

霧島神宮 (キリシマジングウ) 南九州最大の規模と歴史をもつ

瓊瓊杵尊を祀り、国家安泰から家内安全までご利益があるといわれる古社。現在地に移ったのはおよそ500年前とされ、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返した歴史をもつ。老杉に囲まれた朱塗りの本殿をはじめ、建造物のほとんどが重要文化財で、南九州最大の規模と歴史を誇る。

霧島神宮
霧島神宮
霧島神宮
霧島神宮

霧島神宮の詳細情報

住所
鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
交通
JR日豊本線霧島神宮駅から鹿児島交通霧島いわさきホテル行きバスで13分、霧島神宮下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由、授与所は8:00~17:30(閉所)
休業日
無休
料金
九面守=800円/恋みくじ=200円/幸福みくじ=200円/霧島花お守り(巾着形)=800円/縁結びお守り=800円/

高千穂河原 (タカチホガワラ) 天孫降臨神話ゆかりの古宮址

高天原からこの地に降り立った神々を祀った古宮址といわれ、鎌倉期まではここに霧島神宮があった。毎年11月10日には天孫降臨御神火祭を開催。鳥居のそばには霧島の自然や文化を紹介する高千穂河原ビジターセンターがある。

高千穂河原
高千穂河原
高千穂河原

高千穂河原の詳細情報

住所
鹿児島県霧島市霧島田口2583-12
交通
JR日豊本線霧島神宮駅から鹿児島交通霧島いわさきホテル行きバスで13分、霧島神宮下車、タクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

東霧島神社 (ツマキリシマジンジャ) 建国の神様を祀るロマンとパワースポット

霧島六社権現の一社で、主祭神は伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)。乱れ積みの鬼岩石段は鬼が一夜にして築いたとされるもので、「振り向かずの坂」とも呼ばれる。神石は、伊邪那岐尊が亡くなった妻を慕い、嘆き悲しんだ涙で固まったものとされる。「十握の剣(とつかのつるぎ)」が社宝。

東霧島神社

東霧島神社の詳細情報

住所
宮崎県都城市高崎町東霧島1560
交通
JR吉都線東高崎駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

薩摩迫館跡 (サツマザコヤカタアト) 室町時代、都城島津家の始祖がこの地に居を構えたとされる

島津本宗家四代忠宗の六男資忠が、文和元(1352)年の合戦の功により、足利将軍家から島津荘北郷三百町(現在の都城市西部地域)を与えられ、館を構えたとされている場所。

薩摩迫館跡

薩摩迫館跡の詳細情報

住所
宮崎県都城市山田町中霧島1558-1
交通
JR吉都線谷頭駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

石山観音寺 (イシヤマカンノンジ) 日羅上人が開いたとされる、安産祈願で有名な観音様

日羅上人の開祖で、本尊は観世音菩薩。日羅上人が子安観音像を安置しようとしたときに、白馬にまたがった神々があらわれ、岩を踏み砕いて手をかしたという。

石山観音寺

石山観音寺の詳細情報

住所
宮崎県都城市高城町石山
交通
JR日豊本線都城駅から徒歩5分の栄町バス停から高崎観光バス雀ヶ野行きで40分、観音さくらの里下車、徒歩30分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし
×