三宮のおすすめのたこ焼きスポット

三宮のおすすめのたこ焼きスポットをご紹介します。蛸の壺、菊兆、たちばな本店など情報満載。

蛸の壺 (タコノツボ) 明石焼き&タコ料理で居酒屋使いも

プレーンな玉子焼き(=明石焼き)と、ネギやミンチを加えた五目焼きの2種が味わえる。昼には、タコ飯や味噌汁の付いた玉子焼き定食も登場。明石焼き以外のメニューも豊富。

蛸の壺
蛸の壺

蛸の壺の詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目3-3
交通
JR神戸線元町駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
12:00~22:30(閉店23:00)
休業日
火曜、祝日の場合は営業(臨時休あり、12月31日~翌1月1日休)
料金
玉子焼=648円/玉子焼き定食=756円/五目焼=756円/大餅=702円/生ビール=540円/ 平均予算(昼):800円, 平均予算(夜):1500円

菊兆 (キクチョウ) 明石焼きと麦とろ飯が名物

明石焼きと麦とろ飯を専門に、37年続く名店。大きなタコが入った明石焼きには、海老マヨネーズやすじキムチなどの変わりだねもあり。丹波篠山の山芋を使った麦とろ飯とともに。

菊兆
菊兆
菊兆
菊兆

菊兆の詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目10-5
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
17:00~翌3:00(閉店)、祝日は12:00~22:00(閉店)
休業日
日曜(GW・盆時期は営業、12月31日~翌1月1日休)
料金
明石焼き=600円/マヨネーズ焼き=650円/麦とろごはん=980円/たこ茶漬け=650円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

たちばな本店 (タチバナホンテン) 明石の活ダコを使う専門店

神戸っ子ご用達の、明石焼きの専門店。焼き技を駆使してふんわり形よく焼きあげた明石焼きをひと口食べれば、活ダコのうまみが口に広がる。卓上の甘辛2種のソースはお好みで。

たちばな本店
たちばな本店
たちばな本店

たちばな本店の詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目9-4
交通
JR神戸線元町駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00(閉店19:30)
休業日
年5日不定休(12月31日~翌1月1日休)
料金
たこ焼き(1人前、10個)=620円/ところ天=350円/ 平均予算(昼):700円, 平均予算(夜):700円

司 (ツカサ) お酒と共に楽しめるフワフワの明石焼きが大人気

家庭的な雰囲気で味わえる、大ぶりで中がフワフワの明石焼きは、薄めの味でお酒のあとに合う。エビ入り明石焼きも人気。通年で提供するおでんなど肴もそろう。

司の詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目3-10
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
18:00~翌2:00(閉店)
休業日
日曜
料金
明石焼き(10個)=650円/おでん(1個)=120円/えび入り明石焼き(10個)=650円/ 平均予算(夜):1000円
×