いわきのおすすめの宿などの外来入浴スポット

いわきのおすすめの宿などの外来入浴スポットをご紹介します。元禄彩雅宿 古滝屋(日帰り入浴)、いわき新舞子ハイツ(日帰り入浴)、旅館こいと(日帰り入浴)など情報満載。

元禄彩雅宿 古滝屋(日帰り入浴) (ゲンロクサイガジュク フルタキヤ) 源泉かけ流しが満喫でき、露天風呂・貸切風呂が自慢の温泉宿

いわき湯本温泉の中心にたたずむ創業元禄8(1695)年の温泉旅館。天然温泉を贅沢にかけ流し。男女の浴槽ともに「あつめ」と「ぬるめ」に分かれている。

元禄彩雅宿 古滝屋(日帰り入浴)の詳細情報

住所
福島県いわき市常磐湯本町三函208
交通
JR常磐線湯本駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
12:30~19:00(入店)
休業日
無休
料金
入浴料=800円/貸切風呂=1000円(45分、シャワー設備なし、沸かし湯)/(タオル200円、バスタオルレンタル300円)

いわき新舞子ハイツ(日帰り入浴) (イワキシンマイコハイツ) ナトリウム塩化物泉の大浴場からは太平洋が一望できる

新舞子浜にある公共の宿で、ナトリウム塩化物泉の湧く大浴場から太平洋が見える。敷地内にはテニスコートやグラウンドなどの施設がある。

いわき新舞子ハイツ(日帰り入浴)の詳細情報

住所
福島県いわき市平下高久南谷地16-4
交通
JR常磐線いわき駅から新常磐交通江名経由小名浜方面行きバスで20分、ハイツ入口下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(閉館19:00)、土曜・休前日は10:00~15:00(閉館16:00)
休業日
第2月曜、祝日の場合は翌日休(GW・盆時期・年末年始は営業(10:00~15:00))
料金
入浴料=大人1000円、小人500円/入浴料(15:00~)=大人500円、小人300円/

旅館こいと(日帰り入浴) (リョカンコイト) のんびりゆったりながれる時間とココロにお肌にやさしい温泉

美肌の硫黄泉とあたたかいおもてなしで、癒しの時間を過ごす。加水、加熱や循環なしの掛け流しの湯が心地よい。温泉は毎晩すべて入れ替えているので効果抜群。

旅館こいと(日帰り入浴)の詳細情報

住所
福島県いわき市常磐湯本町笠井1
交通
JR常磐線湯本駅から徒歩10分

松柏館(日帰り入浴) (ショウハクカン) 創業江戸時代末期の老舗旅館

最上階にある純和風展望風呂は、壁に檜と竹を贅沢に使用し、町全体を眺めながら入浴できる。開放感たっぷりに温泉情緒を満喫できる。

松柏館(日帰り入浴)

松柏館(日帰り入浴)の詳細情報

住所
福島県いわき市常磐湯本町三函158
交通
JR常磐線湯本駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
14:00~20:00
休業日
不定休
料金
入浴料(タオル付)=大人1000円/入浴料(タオルなし)=大人600円、小人(小学生未満)300円/
×