関東・甲信越のおすすめのキャンプ場・野営場スポット

関東・甲信越のおすすめのキャンプ場・野営場スポットをご紹介します。乙女の森バンガロー村、萬城の滝キャンプ場、赤城キャンプ場など情報満載。

乙女の森バンガロー村 (オトメノモリバンガロームラ) 深山の渓谷でアウトドア体験

トイレ、温水シャワー、冷蔵庫などが完備された4人用のバンガローがある。周辺は深い森と清流に囲まれていて、トレッキングや釣り、川遊びなどが楽しめる。場内施設利用の場合は予約が必要。

乙女の森バンガロー村
乙女の森バンガロー村
乙女の森バンガロー村

乙女の森バンガロー村の詳細情報

住所
長野県佐久穂町大日向2129-18
交通
中部横断自動車道佐久穂ICから国道299号を十石峠方面へ。一般道に右折し現地。佐久穂ICから15km
営業期間
4月下旬~10月下旬
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
期間中無休
料金
宿泊施設=バンガロー(4人用)8000~10000円/

萬城の滝キャンプ場 (バンジョウノタキキャンプジョウ) サイトから滝の音が聞こえる

伊豆の隠れた名瀑、萬城の滝の近くにあり、自然に囲まれた静かなサイトが魅力。設備も揃っていて快適に利用できる。

萬城の滝キャンプ場の詳細情報

住所
静岡県伊豆市地蔵堂776-1
交通
修善寺道路修善寺ICから国道136号で三島方面へ進み、横瀬交差点で県道12号へ右折。八幡東交差点で右折して県道59号へ入り、地蔵堂川沿いを進み現地へ。修善寺ICから13km
営業期間
通年
営業時間
イン11:00~16:00、アウト10:00
休業日
荒天時(点検期間休)
料金
入場料=大人(中学生以上)210円、小人(小学生)100円/サイト使用料=テント専用1区画2700円/宿泊施設=バンガロー6480円/

赤城キャンプ場 (アカギキャンプジョウ) 赤城山麓のキャンプ場

赤城山中腹にあり、オートキャンプはできないが施設は新しく清潔感がある。9月中は土・日曜、祝日のみ開設。

赤城キャンプ場の詳細情報

住所
群馬県渋川市赤城町北赤城山1022
交通
関越自動車道赤城ICから県道70号で国道17号方面へ。津久田交差点で県道157号へ右折。看板に従い関東ふれあいの道に入って現地へ。赤城ICから13km
営業期間
7~9月
営業時間
イン12:00、アウト10:00
休業日
期間中無休、9月は月~金曜、祝日の場合は開設
料金
入場料=大人(中学生以上)420円、小人(小学生)200円、日帰り利用の場合は大人210円、小人100円/サイト使用料=テント1張り540円/宿泊施設=バンガロー3300円/

白駒池キャンプ指定地 (シラコマイケキャンプシテイチ) 高原特有の白樺の道を散策。大自然の中でキャンプが楽しめる

標高2115mの白駒池のそばにあり、自然環境は抜群で、苔の森も必見だ。予約は不可だが、利用には事前連絡が必要。受付は青苔荘で。

白駒池キャンプ指定地
白駒池キャンプ指定地

白駒池キャンプ指定地の詳細情報

住所
長野県佐久穂町畑3220-46
交通
中部横断自動車道八千穂高原ICから国道299号を麦草峠方面へ、峠の手前右手に駐車場、八千穂高原ICから25km
営業期間
通年(10~翌4月は要連絡)
営業時間
イン8:00~17:00、アウト10:00
休業日
不定休
料金
サイト使用料=大人800円、小学生650円、トイレ使用料1人100円/

小平の里キャンプ場 (オダイラノサトキャンプジョウ) キャンプ以外の楽しみもいろいろ

テントサイトのほかに宿泊施設やBBQハウスなどもあり、遊湯館で入浴も可能。場内は、親水公園エリアや鍾乳洞エリアなどに分かれ、体験コース(2日前までの予約必要)も用意されている。

小平の里キャンプ場の詳細情報

住所
群馬県みどり市大間々町小平甲445
交通
北関東自動車道太田藪塚ICから県道315号・68号・69号でみどり市へ。大間々町6丁目交差点で国道122号へ直進、福岡大橋からは県道334号へ進み、小平の里を目標に現地へ。太田藪塚ICから15km
営業期間
通年
営業時間
イン13:00、アウト10:00(宿泊施設はイン14:00、アウト10:00)
休業日
12~翌3月の火曜休、祝日の場合は翌日休(12月28日~1月4日休)
料金
入場料=中学生以上250円、3歳~小学生200円(日帰りは中学生以上150円、3歳~小学生70円)/サイト使用料=テント1張550円/宿泊施設=大バンガロー1室10000円~、小バンガロー3500円、コテージ19800円(入場料・シーツ料込、11~翌3月は15000円)/
×