修善寺温泉のおすすめの観光・レジャースポット

修善寺温泉のおすすめの観光・レジャースポットをご紹介します。修禅寺、修善寺 虹の郷、竹林の小径など情報満載。

修禅寺 (シュゼンジ) 秋には紅葉の名所ともなる弘法大師開創の寺

大同2(807)年に開かれた由緒正しい寺。鎌倉幕府第2代将軍源頼家が幽閉されたことで知られ、明治時代に岡本綺堂が執筆した戯曲『修禅寺物語』の舞台にもなった場所だ。

修禅寺
修禅寺
修禅寺
修禅寺

修禅寺の詳細情報

住所
静岡県伊豆市修善寺964
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バスまたは伊豆箱根バス修善寺温泉行きで8分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
6:00~17:00(閉門)、宝物殿・売店は8:30~16:00、全て時期により異なる
休業日
無休(宝物殿は臨時休あり、売店は無休)
料金
宝物館=大人300円、小・中学生200円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名宝物館無料)

修善寺 虹の郷 (シュゼンジ ニジノサト) 四季折々の景色で表情を変える富士山

東京ドーム10個分もある広大な園内に、季節の花々が咲き乱れる庭園。外国風の街並を走るロムニー鉄道から富士山を望むなど、まるで絵葉書のような風景が楽しめる。

修善寺 虹の郷
修善寺 虹の郷
修善寺 虹の郷
修善寺 虹の郷

修善寺 虹の郷の詳細情報

住所
静岡県伊豆市修善寺4279-3
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス虹の郷・戸田方面行きで20分、修善寺虹の郷下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉園17:00、時期により異なる)
休業日
火曜不定休、祝日の場合は営業、5月は無休(1月中旬、12月中旬は臨時休あり、盆時期・年末年始は営業)
料金
入園料=大人(中学生以上)1200円、小人(4歳~小学生以下)600円/年間パスポート(1年間有効、入園料が無料、ロムニー鉄道と園内バス乗り放題、同伴者5名分の入園料が1000円に、「伊豆三津シーパラダイス」の入場料が1800円に)=大人4000円、小人2000円/ロムニー鉄道=400円(片道)/(障がい者手帳持参で入園料割引あり)

竹林の小径 (チクリンノコミチ) 風情ある竹林をそぞろ歩き

左右に見事な竹林を有する桂川沿いの小径。茶処や昔懐かしい火の見櫓は風情たっぷり。竹林の中央に竹製の大きな円形ベンチがありひと息つける。

竹林の小径
竹林の小径
竹林の小径
竹林の小径

竹林の小径の詳細情報

住所
静岡県伊豆市修善寺
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バスまたは伊豆箱根バス修善寺温泉行きで8分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

桂橋 (カツラバシ) 秋には紅葉が辺りを美しく彩る、朱塗りの橋

桂川にかかる朱塗りの橋。竹林の小径の全景を見渡すことができ、秋には紅葉が辺りを美しく彩る。上流には「楓橋」と「滝下橋」もある。

桂橋
桂橋

桂橋の詳細情報

住所
静岡県伊豆市修善寺
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バスまたは伊豆箱根バス修善寺温泉行きで8分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

仰空楼 (ギョウクウロウ) 修善寺の温泉街や周囲の山々を見渡すことができる

修善寺の温泉を気軽に楽しめる外湯「筥湯」に併設された高さ12mの望楼。無料で登ることができる。名の由来は、修善寺を愛した文豪・夏目漱石の漢詩にちなむ。

仰空楼
仰空楼

仰空楼の詳細情報

住所
静岡県伊豆市修善寺925
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バスまたは伊豆箱根バス修善寺温泉行きで8分、終点下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
12:00~日没まで
休業日
無休
料金
無料
×