関・板取渓谷のおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

関・板取渓谷のおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。根道神社 名もなき池(モネの池)、関善光寺(宗休寺)、清水寺など情報満載。

根道神社 名もなき池(モネの池) (ネミチジンジャ ナモナキイケ モネノイケ) モネの睡蓮を彷彿させる美しい池がある

板取地区にある神社で、発祥は9世紀の白山信仰までさかのぼる。明治期に島下神社、雷神神社、白山神社(2社)、山神神社、金山彦神社を合祀して、現在の形となった。鳥居脇にある池は地元では「名もなき池」と呼ばれ、透明度が高く、スイレンやコウホネなどの植物が点々と浮かぶ。モネの絵画『睡蓮』のようだと評判になり、「モネの池」とも呼ばれている。

根道神社 名もなき池(モネの池)
根道神社 名もなき池(モネの池)
根道神社 名もなき池(モネの池)
根道神社 名もなき池(モネの池)

根道神社 名もなき池(モネの池)の詳細情報

住所
岐阜県関市板取448
電話
0581-57-2111(関市板取事務所)
交通
JR岐阜駅から岐阜バス洞戸行きまたはほらどキウイプラザ行きで1時間10分、終点で板取ふれあいバスに乗り換えて15分、あじさい園下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休

関善光寺(宗休寺) (セキゼンコウジ ソウキュウジ) 「善光寺」の名で有名な天台宗の名刹

天台宗の寺院で正式名称は宗休寺。明治期に作られた「梵鐘」は県の重要文化財に指定され、本堂や大仏殿は市の指定有形文化財に指定されている。また新緑、桜、紅葉の名所としても有名だ。

関善光寺(宗休寺)
関善光寺(宗休寺)
関善光寺(宗休寺)
関善光寺(宗休寺)

関善光寺(宗休寺)の詳細情報

住所
岐阜県関市西日吉町35
電話
0575-22-2159
交通
長良川鉄道関駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉門)
休業日
無休

清水寺 (キヨミズデラ) 舞台造の京都の清水寺と創建を同じにする寺。坂上田村麻呂の開基

舞台造りで知られる京都の清水寺と創建を同じにする寺。征夷大将軍、坂上田村麻呂の開基により、延鎮大師が国家鎮護を祈願する霊場として開いたといわれている。

清水寺

清水寺の詳細情報

住所
岐阜県富加町加治田895-1
電話
0574-54-3134
交通
長良川鉄道富加駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
境内自由(国重要文化財十一面観音坐像は毎年成人の日のみ公開)
休業日
無休

高賀神社 (コウカジンジャ) 山麓にあり、高賀山を囲む高賀六社の一社

奈良時代に創建されたとされる歴史ある神社。境内にある円空記念館では重要文化財指定の見応えのある作品が公開されている。近くには1億年前の水がくめる高賀神水庵もある。

高賀神社の詳細情報

住所
岐阜県関市洞戸高賀1217
電話
0581-58-2295
交通
東海北陸自動車道美濃ICから県道94・290・81号、国道256号、一般道を板取方面へ車で26km
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
不定休

武芸八幡宮 (ムゲハチマングウ) 織田家の鬼門。岐阜城主、織田信長・信忠・信孝の3代から崇敬

神社の位置が織田家の鬼門にあたることから、当時の岐阜城主、織田信長・信忠・信孝の3代から崇敬を集めた由緒正しい神社。4月中旬の日曜日には花馬まつりを開催。

武芸八幡宮

武芸八幡宮の詳細情報

住所
岐阜県関市武芸川町八幡
電話
0575-46-2311(関市武芸川事務所産業建設係)
交通
JR岐阜駅から岐阜バス高美線中濃庁舎行きで1時間、武芸八幡下車、徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
  • 1
  • 2
×