四ツ谷・神楽坂・水道橋のおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

四ツ谷・神楽坂・水道橋のおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。東京大神宮、迎賓館(赤坂離宮)、傳通院など情報満載。

東京大神宮 (トウキョウダイジングウ) 幸せのご縁を結ぶ

明治13(1880)年に東京における伊勢神宮の遥拝殿として創建され、「東京のお伊勢さま」と親しまれている。日本で最初の神前結婚式を行った神社で、縁結びに御利益があることでも有名。

東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮の詳細情報

住所
東京都千代田区富士見2丁目4-1
交通
JR中央線飯田橋駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
6:00~21:00(閉門)、授与は8:00~19:00
休業日
無休
料金
縁結び鈴蘭守り=700円/

迎賓館(赤坂離宮) (ゲイヒンカン アカサカリキュウ) 公式行事に使用される建物が見学できる

年間を通して接遇に支障のない範囲で一般公開されている。明治以降の建築物として初めて国宝に指定された迎賓館だ。

迎賓館(赤坂離宮)
迎賓館(赤坂離宮)
迎賓館(赤坂離宮)
迎賓館(赤坂離宮)

迎賓館(赤坂離宮)の詳細情報

住所
東京都港区元赤坂2丁目1-1
交通
JR中央線四ツ谷駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉館17:00)
休業日
水曜不定休
料金
入館料(本館)=大人1000円、中・高校生500円/入館料(別館)=大人1500円、中・高校生700円/前庭=無料/(団体は大人800円、中・高校生400円(要予約))

傳通院 (デンヅウイン) 千姫をはじめ徳川家ゆかりの女性たちが数多く眠る菩提寺

徳川家康の生母の於大の方の菩提寺となって以来、その法名が通り名となった。将軍家の帰依も厚く、千姫(豊臣秀頼妻、2代徳川秀忠の長女)など徳川家ゆかりの女性の墓が数多くある。

傳通院の詳細情報

住所
東京都文京区小石川3丁目14-6
交通
地下鉄後楽園駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

靖国神社 (ヤスクニジンジャ) 幕末以来の戦歿者を祀る神社

明治2(1869)年、明治天皇の思し召しにより創建。幕末の志士から先の大戦までの戦没者246万6千余柱を祀る。気象庁が指定した東京の桜の標本木があり、古くより桜の名所としても知られる。境内の博物館「遊就館」では宝物や御祭神の遺品を展示。初詣、春秋の例大祭、夏のみたままつりなど年間約5百万人の参拝者が訪れる。

靖国神社
靖国神社

靖国神社の詳細情報

住所
東京都千代田区九段北3丁目1-1
交通
地下鉄九段下駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
6:00~18:00(閉門、11~翌2月は~17:00<閉門>)、遊就館は9:00~16:00(閉館16:30)
休業日
無休
料金
「遊就館」拝観料=大人1000円、大学生500円、中・高校生300円、小学生以下無料/(障がい者手帳持参で遊就館無料)

神楽坂若宮八幡神社 (カグラザカワカミヤハチマンジンジャ) 源頼朝によって分社された神社

鎌倉時代に源頼朝が奥州の藤原泰衡を征伐に行く途中ここで下馬宿願し、奥州平定後に鎌倉・鶴岡の若宮八幡宮を分社した。神楽坂の名はこの神社の神楽の音が聞こえたからという説も。

神楽坂若宮八幡神社
神楽坂若宮八幡神社
神楽坂若宮八幡神社

神楽坂若宮八幡神社の詳細情報

住所
東京都新宿区若宮町18
交通
JR中央線飯田橋駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし
×