下田市街のおすすめのグルメスポット

下田市街のおすすめのグルメスポットをご紹介します。Flamme Jacque Cafe、海女小屋、Patisserie Que sera seraなど情報満載。

Flamme Jacque Cafe (フラム ジャック カフェ) ペリーロードの最南端でゆったりランチ

パスタやピザ・ハンバーガーなど洋食系のメニューが揃うアットホームなお店。おすすめは地元産の金目鯛のグリルプレート。看板犬のフレンチブルドッグが出迎えてくれる。ペットOKなのもうれしい。

Flamme Jacque Cafe
Flamme Jacque Cafe

Flamme Jacque Cafeの詳細情報

住所
静岡県下田市三丁目8-8
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00(閉店20:00)
休業日
不定休
料金
金目鯛のグリルプレート=1700円/アボカドチーズハンバーガー=1400円/うにのクリームパスタ=1300円/カニのトマトソースパスタ=1300円/ピザ=1000円~/デザート=600円/ 平均予算(昼):1200円, 平均予算(夜):1200円

海女小屋 (アマゴヤ) 地元客がリピーター。海に潜って捕った魚介が評判の店

海に潜って捕ってきた魚介が評判の店。うまい魚介を知っている地元客がリピーターになっている。サザエの唐揚げやアワビの刺身などを食べながらの酒は格別だ。事前の予約が望ましい。

海女小屋
海女小屋

海女小屋の詳細情報

住所
静岡県下田市三丁目3-4
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
18:00~21:00(閉店、要予約)
休業日
火曜(GW・盆時期・年末は営業)
料金
サザエの唐揚げ=1296円/アワビの刺身=3240円~/アジのたたき茶漬け=864円/海女定食=1944円/

Patisserie Que sera sera (パティスリー ケ セラ セラ) 旬のフルーツを使った本格スイーツ

下田では数少ない本格派の洋菓子店。東京・自由が丘の「モンサンクレール」で修業を積んだ夫婦2人が作る自慢のケーキを目当てに、訪れる人はあとを絶たない。一番人気はアップルパイ。12時の焼き上がりをめざしてお客さんが訪れる(季節商品の為、要問合せ)。

Patisserie Que sera sera
Patisserie Que sera sera
Patisserie Que sera sera
Patisserie Que sera sera

Patisserie Que sera seraの詳細情報

住所
静岡県下田市敷根3-40
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(閉店19:00)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休(臨時休あり、1月1日休)
料金
アップルパイ=380円/プレーンのロールケーキ=1000円/下田レトロ(塩マドレーヌ)=180円/マカロン(1個)=170円/マドレーヌ(1個)=160円/フルーツロール=1100円/ 平均予算(昼):1100円, 平均予算(夜):1100円

網元きんめせん昇龍 (アミモトキンメセンショウリュウ) 鮮度のよさは特筆もの

人気の「刺身盛りあわせ」にはキンメダイのほか4点が付き、「網元コース」にはサザエの壺焼きまたは磯物など8点が付く。刺身で残った骨でダシをとったみそ汁は絶品。

網元きんめせん昇龍の詳細情報

住所
静岡県下田市二丁目7-15
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩10分

旬包丁処あじさい (シュンホウチョウドコロアジサイ) こぢんまりとした店内で自慢の独創的な魚料理を堪能できる

店内はこぢんまりとしているが、カウンター、掘りごたつ、和室などバリエーション豊かな席がある。主人自慢の魚を使った独創的な料理を堪能することができる。

旬包丁処あじさい

旬包丁処あじさいの詳細情報

住所
静岡県下田市一丁目18-29
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(閉店)、17:00~22:00(閉店、要予約)
休業日
火曜(GW・盆時期・年末年始は臨時休あり)
料金
昼のコース=3240円~/おまかせ会席料理=6480円~/ 平均予算(昼):3200円, 平均予算(夜):7000円
×