MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

眼鏡橋・寺町・風頭山のおすすめの名所スポット

眼鏡橋・寺町・風頭山のおすすめの名所スポットをご紹介します。眼鏡橋、龍馬通り、ヘイフリ坂など情報満載。

眼鏡橋 (メガネバシ) 現存最古のアーチ形石橋でハートストーンを探して恋愛祈願

興福寺の二代目住職、中国江西省出身の黙子如定禅師が架けたと伝わる現存最古のアーチ形石橋で、築造は寛永11(1634)年。当時は仏寺が次々と建立されていた時代で、眼鏡橋も興福寺の参道の一部とされていた。

眼鏡橋
眼鏡橋
眼鏡橋
眼鏡橋

眼鏡橋の詳細情報

住所
長崎県長崎市魚の町
電話
095-822-8888(長崎市コールセンター「あじさいコール」)
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道3号系統蛍茶屋行きで4分、市民会館下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

龍馬通り (リョウマドオリ) 龍馬も歩いた345段の石段

寺町通りから深崇寺と禅林寺の間を抜け、亀山社中跡へと向かう急な勾配の石段。幕末史を探る散策路として、ひそかに人気を呼んでいる。

龍馬通り
龍馬通り
龍馬通り
龍馬通り

龍馬通りの詳細情報

住所
長崎県長崎市寺町~風頭町
電話
095-822-8888(長崎市コールセンター「あじさいコール」)
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道3号系統蛍茶屋行きで7分、新大工町下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

ヘイフリ坂 (ヘイフリザカ) 御幣を振って下った坂

大音寺と皓台寺、長照寺と延命寺の間から風頭山へ続く坂道を「ヘイフリ坂」と呼ぶ。昔、諏訪神社の大鳥居を造るための石材を風頭山から切り出し、ふもとに下ろす際、運んでいる労働者を一人の宰領が御幣を振って励ましたことに由来する。

ヘイフリ坂の詳細情報

住所
長崎県長崎市鍛冶屋町
電話
095-822-8888(長崎市コールセンター「あじさいコール」)
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで7分、新地中華街で長崎電気軌道5号系統蛍茶屋行きに乗り換えて4分、めがね橋下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

一覧橋 (イチランバシ) 数ある石橋の一つで、高一覧が架橋。現存するのは復元したもの

長崎市内に数ある石橋の一つで、明暦3(1657)年に高一覧が架橋。現在の橋は、昭和61(1986)年に中国福州市産の花崗岩を使って復元したもの。夜はライトアップされる。

一覧橋
一覧橋
一覧橋
一覧橋

一覧橋の詳細情報

住所
長崎県長崎市桶屋町~麹屋町
電話
095-822-8888(長崎市コールセンター「あじさいコール」)
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道3号系統蛍茶屋行きで4分、市民会館下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

桃渓橋 (モモタニバシ) 架橋当時、河畔に桃の木があったことから名が付く

延宝7(1679)年の架橋当時、河畔に桃の木があったことから名が付く。唐船から降ろした荷を小舟でこのあたりまで運んできていた。橋の両脇に唐船安全祈願塔常夜燈が立つ。

桃渓橋
桃渓橋
桃渓橋

桃渓橋の詳細情報

住所
長崎県長崎市出来大工町~伊勢町
電話
095-822-8888(長崎市コールセンター「あじさいコール」)
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道3号系統蛍茶屋行きで5分、諏訪神社下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
  • 1
  • 2
×