柴又のおすすめの観光・レジャースポット

柴又のおすすめの観光・レジャースポットをご紹介します。柴又帝釈天(題経寺)、葛飾柴又寅さん記念館、山本亭など情報満載。

柴又帝釈天(題経寺) (シバマタタイシャクテン ダイキョウジ) 柴又を見守り続ける寺

寛永6(1629)年に創建された古刹。帝釈天板本尊を祀ることから、帝釈天の名前で親しまれる。帝釈堂の周囲には見事な彫刻が施され、そのまま彫刻ギャラリーになっている。

柴又帝釈天(題経寺)
柴又帝釈天(題経寺)
柴又帝釈天(題経寺)
柴又帝釈天(題経寺)

柴又帝釈天(題経寺)の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目10-3
交通
京成金町線柴又駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
5:00~20:00、祈祷受付などは9:00~18:00、彫刻ギャラリー・邃溪園は9:00~15:30(閉館16:00)
休業日
無休(邃溪園のみ12月28日~翌1月3日休)
料金
拝観料=無料、一部有料/邃溪園・彫刻ギャラリー共通拝観料=大人400円、小・中学生200円/

葛飾柴又寅さん記念館 (カツシカシバマタトラサンキネンカン) 寅さんが生きた世界を知る

スーパー堤防の地下を利用して造られた、映画『男はつらいよ』の世界を満喫できる記念館。撮影セットを再現した「くるまや」の店舗や名場面が観られる選択映像コーナーもある。

葛飾柴又寅さん記念館
葛飾柴又寅さん記念館
葛飾柴又寅さん記念館

葛飾柴又寅さん記念館の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又6丁目22-19
交通
京成金町線柴又駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
第3火曜、祝日の場合は翌日休、12月は第3火~木曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
大人500円、小・中学生300円(山田洋次ミュージアムの入館料も含む、20名以上の団体は大人400円、小・中学生200円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、65歳以上400円)

山本亭 (ヤマモトテイ) 和洋折衷の建築美を誇る

大正末期に建てられた邸宅を公開。木造二階建ての日本家屋に、石造りのマントルピースやステンドグラスを配した洋風の応接間もある。庭園は、国内はもとより、海外においても高く評価されている。葛飾区登録文化財。東京都選定歴史的建造物。

山本亭
山本亭
山本亭
山本亭

山本亭の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目19-32
交通
京成金町線柴又駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
第3火曜、祝日の場合は翌日休、12月は第3火~木曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
入場料=高校生以上100円、中学生以下無料/生菓子付抹茶=600円/(障がい者手帳持参者は本人・介護者無料)

柴又帝釈天の御神水 (シバマタタイシャクテンノゴシンスイ) ここに寺を築く要因になった霊泉がある

「寅さん」でおなじみの葛飾柴又の帝釈天の名水。寛永6(1629)年の開山以前より湧き続けているこの水こそが、題経院日栄上人がこの地に寺を開くきっかけになったという。

柴又帝釈天の御神水
柴又帝釈天の御神水

柴又帝釈天の御神水の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目10-3
交通
京成金町線柴又駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
5:00~20:00(閉門)
休業日
無休
料金
無料

真勝院(弁財天) (シンショウイン ベンザイテン) 七福神の財宝の神、ヒンズー教の水神に由来する弁財天を祀る

柴又、高砂にある柴又七福神のうちの1つ。ヒンズー教の水神サラスバティに由来する弁財天を祀る。水の流れは言語や音楽を司り、学問、知恵、財宝を授けるとして尊崇されている。

真勝院(弁財天)
真勝院(弁財天)
真勝院(弁財天)
真勝院(弁財天)

真勝院(弁財天)の詳細情報

住所
東京都葛飾区柴又7丁目5-28
交通
京成金町線柴又駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉門)
休業日
無休
料金
無料
  • 1
  • 2
×