MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

乗鞍のおすすめの温泉・入浴施設スポット

乗鞍のおすすめの温泉・入浴施設スポットをご紹介します。お宿 本棟(日帰り入浴)、奈川温泉、乗鞍高原 湯けむり館など情報満載。

お宿 本棟(日帰り入浴) (オヤド ホンムネ) 香りたつ檜造りの風呂

信州特有の民家の趣を残す本棟造りの宿。素朴で懐かしい雰囲気に心温まる。檜が香る露天風呂では掛け流しの白濁硫黄泉を楽しめる。主人みずからが打つ手打ちそばも評判だ。

お宿 本棟(日帰り入浴)

お宿 本棟(日帰り入浴)の詳細情報

住所
長野県松本市安曇4022-11
電話
0263-93-2234
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通乗鞍高原行きバスで48分、千石平下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~15:00(閉館、要予約)
休業日
不定休

奈川温泉 (ナガワオンセン) 美肌効果のある鎌倉時代からの山の湯

鎌倉時代の開湯と伝わる山の湯。上高地乗鞍スーパー林道の起点近く、黒川沿いに湧く、美肌効果のある肌ざわりがやさしい湯。飲用すると胃腸病や肝臓病などに効くと評判だ。

奈川温泉

奈川温泉の詳細情報

住所
長野県松本市奈川
電話
0263-79-2014(富喜の湯)
交通
松本電鉄上高地線新島々駅から松本電鉄バス乗鞍高原行きで28分、奈川渡ダムで市営バス川浦行きに乗り換えて15分、黒川渡下車、徒歩30分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

乗鞍高原 湯けむり館 (ノリクラコウゲン ユケムリカン) 乳白色の湯が肌にやさしい

白樺林に囲まれた森の中に、カフェレストラン「プリマベーラ」を併設した日帰り入浴施設。標高1500mの高原に建ち、乗鞍のパノラマを堪能できるポジション。評判の乳白色の湯は湯の花が舞う良質の温泉。

乗鞍高原 湯けむり館
乗鞍高原 湯けむり館
乗鞍高原 湯けむり館
乗鞍高原 湯けむり館

乗鞍高原 湯けむり館の詳細情報

住所
長野県松本市安曇4306-6
電話
0263-93-2589
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通鈴蘭行きバスで53分、観光センター前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~20:00(閉館21:00)
休業日
第3・4火曜不定休(要確認)(点検期間休(12月上旬、4月中旬、要確認))

渋沢温泉 ウッディもっく (シブサワオンセン ウッディモック) 渋沢温泉の源泉を引き、遊歩道やマレットゴルフ場も満喫できる宿

木造の落ち着いた雰囲気が魅力の宿。温泉は滑らかな肌ざわりがここちよい渋沢温泉の源泉を引いている。敷地内には奈川の自然を満喫できる遊歩道やマレットゴルフ場などもある(冬期休)。

渋沢温泉 ウッディもっく

渋沢温泉 ウッディもっくの詳細情報

住所
長野県松本市奈川1044-344
電話
0263-79-2770
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からタクシーで40分
営業期間
通年
営業時間
13:00~18:00(閉館18:30、土・日曜、祝日は11:00~18:30<閉館19:00>)
休業日
水曜不定休(GW・盆時期は営業)

双色の源泉 山水館信濃(日帰り入浴) (フタイロノゲンセン サンスイカンシナノ) 2種類の温泉が楽しめる高原の湯宿

乗鞍岳の山麓に建つ純和風の温泉旅館。2か所の湯処から源泉を引き湯しており、白色と淡い褐色の濁り湯が楽しめる。内風呂は木造り、露天風呂は自然石を配した野趣ある造作で、高原の風がここちよく肌をなでる。

双色の源泉 山水館信濃(日帰り入浴)
双色の源泉 山水館信濃(日帰り入浴)
双色の源泉 山水館信濃(日帰り入浴)
双色の源泉 山水館信濃(日帰り入浴)

双色の源泉 山水館信濃(日帰り入浴)の詳細情報

住所
長野県松本市安曇鈴蘭4298-6
電話
0263-93-2301
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通乗鞍高原行きバスで55分、スキー場前下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
12:00~20:00(閉館、要予約)
休業日
不定休
×