関西のおすすめの陶器・漆器・磁器スポット

関西のおすすめの陶器・漆器・磁器スポットをご紹介します。うつわ京都やまほん、大熊窯、末晴窯など情報満載。

うつわ京都やまほん (ウツワキョウトヤマホン) 大切に使っていきたい暮らしを彩るお気に入りの一点と出会う

陶磁器や木工といったさまざまなジャンルで活躍する全国各地の作家の展覧会を月ごとで行う。展示するもののほか、ストックしている品もあるのでスタッフへ気軽に声を掛けてみて。

うつわ京都やまほん

うつわ京都やまほんの詳細情報

住所
京都府京都市中京区榎木町95-3
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30
休業日
木曜
料金
横山秀樹「倉コップ菜の花」=3888円/城進「粉引飯椀」=3240円~/

大熊窯 (オオクマガマ) 45mの登り窯がひときわ目を引く

江戸時代から続く窯元で、主に日用品を制作。より多くの人に使ってもらいたいという思いからユニバーサルデザインのものづくりに積極的に取り組んでいる。

大熊窯
大熊窯
大熊窯
大熊窯

大熊窯の詳細情報

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭尾中1
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス清水寺行きまたはこんだ薬師温泉行きで15分、兵庫陶芸美術館下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
不定休(12月30日~翌1月2日休)
料金
ユニバーサルデザインの取っ手が特徴のマグカップ=2200円/海老絵湯呑=2500円/海老徳利と盃(木箱入り)=9500円/茶香炉=3600円/

末晴窯 (スエハルガマ) 三世代で作る多彩な作品が並ぶ

親子三代が作陶に励む窯元。二代目の正さんが作る赤土部という江戸時代にあった技法で焼かれた花器や茶器、三代目の春奈さんの女性らしいデザインの食器など、個性あふれる作品がギャラリーに並ぶ。

末晴窯
末晴窯

末晴窯の詳細情報

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭2-9
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで15分、兵庫陶芸美術館下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00
休業日
無休(盆時期休、12月30日~翌1月1日休)
料金
箸置=540円/皿=2160円/カップ=3240円/赤土部器=130000円/

のぼり窯gallery miharu (ノボリガマギャラリー ミハル)

のぼり窯gallery miharuの詳細情報

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1388-1

大小屋 (オオゴヤ) 住空間を潤すあらゆる陶器、雑貨を販売

信楽焼などの陶器や雑貨、食品を販売するほか、ギャラリーやレストランカフェ、陶芸教室もあるバリアフリー対応施設。ドッグランも併設され、あらゆる場所でペットの同伴が可能。

大小屋
大小屋
大小屋
大小屋

大小屋の詳細情報

住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2349
交通
信楽高原鐵道玉桂寺前駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(日曜、祝日は~17:30あるいは18:00)
休業日
不定休(12月30日~翌1月1日休)
料金
花器=540円~/食器=324円~/湯呑み=440円~/
×