東福寺・伏見のおすすめのグルメスポット

東福寺・伏見のおすすめのグルメスポットをご紹介します。梅香堂、伏見稲荷 参道茶屋、THE LOWER EAST NINE HOSTELなど情報満載。

梅香堂 (バイコウドウ) 盛りの良さに大満足

小倉抹茶パフェなどが人気の甘味処。季節により種類豊富なかき氷やホットケーキも味わえる。ソフトクリームは持ち帰りもできる。店内禁煙。

梅香堂
梅香堂
梅香堂
梅香堂

梅香堂の詳細情報

住所
京都府京都市東山区今熊野宝蔵町6
交通
JR京都駅から市バス208系統東福寺・九条車庫前行きで15分、今熊野下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(L.O.)
休業日
火曜(5月5日休、1月1~3日休)
料金
小倉クリームホットケーキ(9月のお彼岸~翌4月下旬)=630円/バターホットケーキ(9月中旬~翌5月上旬)=550円/小倉抹茶ゼリーパフェ=830円/抹茶ゼリーパフェ=800円/チョコレートパフェ=780円/クリームあんみつ=700円/ソフトクリーム=280円(イートイン)・200円(テイクアウト)/宇治ミルク時雨氷(5月~10月中旬)=800円/トロピカルマンゴー(5月~10月中旬)=800円/ 平均予算(昼):700円

伏見稲荷 参道茶屋 (フシミイナリ サンドウチャヤ) 昔ながらの茶店で休憩

伏見稲荷大社への参道にある茶店。参拝したあとは、神話に因んだ焼き餅入りの甘酒でひと息いれよう。きな粉と小豆餡をのせた名物の田舎餅はもちろん、宇治抹茶や作りたての最中、夏は抹茶の自家製蜜のかき氷もおすすめ。

伏見稲荷 参道茶屋
伏見稲荷 参道茶屋
伏見稲荷 参道茶屋

伏見稲荷 参道茶屋の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草開土町1-10
交通
JR奈良線稲荷駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(L.O.)
休業日
無休(臨時休あり)
料金
抹茶とお菓子=570円/冷やし抹茶=410円/焼き餅入りぜんざい=520円/田舎餅=570円/わらび餅=460円/かき氷=360円~/焼き餅入り稲荷甘酒=520円/甘酒=360円/ 平均予算(昼):500円

THE LOWER EAST NINE HOSTEL (ザ ロウワー イースト ナイン ホステル) 自分時間が作れる、落ちつくカフェ

京都駅から地下鉄でひと駅南にある、インターナショナルなホステルの1階にある、ゆったり過ごせるカフェ。地元で人気のパンを使う軽めの朝食が充実。

THE LOWER EAST NINE HOSTEL
THE LOWER EAST NINE HOSTEL
THE LOWER EAST NINE HOSTEL

THE LOWER EAST NINE HOSTELの詳細情報

住所
京都府京都市南区東九条南烏丸町32
交通
地下鉄九条駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~22:00(閉店23:00)
休業日
不定休
料金
バタートースト=150円/とろ~りチーズにバジルソースが利いたホットサンド=480円/カフェラテ=400円/ 平均予算(昼):500円, 平均予算(夜):500円

道八 (ドウハチ) いなりうどんと甘味が好評

伏見稲荷のキツネにちなんだいなりうどんが名物。ほかにも麺料理を種類豊富に揃えている。甘味目当ての客も多く、わらび餅やみつ豆の寒天や小豆も手作りで、やさしい味わい。

道八

道八の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草祓川町15
交通
JR奈良線稲荷駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:30~19:00(閉店)
休業日
金曜、金曜が祝日、毎月1日の場合は前日休
料金
いなりうどん=620円/わらびもち=350円/ぜんざい(冬期のみ)=620円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

はも料理 魚市 (ハモリョウリ ウオイチ) 気軽に行ける鱧料理専門店

無類の鱧好きである主人が選ぶ鱧は品質確か。独自の合わせ酢でいただく鱧落としがついた今熊野弁当がおすすめ。

はも料理 魚市の詳細情報

住所
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町25
交通
JR京都駅から市バス208系統東福寺・九条車庫前行きで15分、今熊野下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(閉店、夜は要予約)
休業日
木曜
料金
今熊野弁当(鱧のおとし付)=3240円/鱧のミニ会席=5400円~/ 平均予算(昼):3000円
×