鹿児島・宮崎のおすすめの和菓子スポット

鹿児島・宮崎のおすすめの和菓子スポットをご紹介します。菓子処 わらべ、田原製菓店、南海堂など情報満載。

菓子処 わらべ (カシドコロ ワラベ) チーズ饅頭の知名度を全国区にした

チーズ饅頭が全国に広まるきっかけとなった専門店。生地はクッキーのようにサクサクとした食感で、香ばしい。とくに週末は売り切れることがあるため、事前の予約がおすすめ。

菓子処 わらべ
菓子処 わらべ
菓子処 わらべ

菓子処 わらべの詳細情報

住所
宮崎県宮崎市大王町38-1
交通
JR宮崎駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:30(閉店)
休業日
日曜(1月1~2日休)
料金
チーズ饅頭=130円(1個)、1380円(10個箱入)/

田原製菓店 (タハラセイカテン) 売り切れ必至の黒糖かりんとう

昼過ぎに売り切れることがある黒糖かりんとうが買える。加計呂麻島産の黒糖をたっぷり加え、大釜でグツグツと炊いたかりんとうは濃厚な甘み。11時半ころにはできたてが並ぶ。

田原製菓店

田原製菓店の詳細情報

住所
鹿児島県瀬戸内町古仁屋松江12-8
交通
名瀬市街からしまバス古仁屋行きで1時間10分、古仁屋港前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉店、売り切れ次第閉店)
休業日
日曜
料金
黒糖かりんとう=300円(95g)、500円(185g)/

南海堂 (ナンカイドウ) 下駄の歯の形だから「げたんは」

鹿児島に昔から伝わる郷土黒糖菓子「げたんは」を製造販売。げたんはの名は形が下駄に似ていることに由来する。

南海堂
南海堂
南海堂
南海堂

南海堂の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市伊敷4丁目13-15
交通
JR鹿児島中央駅から鹿児島交通花野団地行きバスで14分、伊敷脇田下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店)
休業日
土・日曜、祝日、6~8月は木曜(盆時期休、年末年始休)
料金
げたんは=350円(10枚入)/

薩摩じねんや えきマチ1丁目鹿児島店 (サツマジネンヤ エキマチイッチョウメカゴシマテン) 鹿児島県産の素材を使った菓子をみやげに

JR鹿児島中央駅の「えきマチ1丁目」内にある。鹿児島県喜界島の黒蜜を使った「花林糖饅頭」シリーズは、小豆あんの「薩摩花林糖饅頭」をはじめ、練乳あん、知覧茶の抹茶あん、芋あんの4種類がある。焼き芋でつくったスイートポテト「ぽて豆けいく」と「ぽてぽてと」もおすすめ。

薩摩じねんや えきマチ1丁目鹿児島店

薩摩じねんや えきマチ1丁目鹿児島店の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市中央町1-1
交通
JR鹿児島中央駅構内
営業期間
通年
営業時間
8:00~21:00(閉店)
休業日
無休
料金
薩摩花林糖饅頭=810円(6個入)/福はぷくぷく=648円(5個入)/鹿児島しっとり焼き芋 ぽて豆けいく=680円(6個入)/林檎と焼き芋ケーキ ぽてぽてと=680円(6個入)/

薩摩じねんや 紫原中央店 (サツマジネンヤ ムラサキバルチュウオウテン) 「花林糖饅頭」シリーズが看板商品

生地に鹿児島喜界島産の黒糖を練り込んだ「花林糖饅頭」シリーズは小豆餡、練乳餡、いも餡、抹茶練乳餡が楽しめる。ショートケーキやロールケーキなどの洋生菓子もある。

薩摩じねんや 紫原中央店
薩摩じねんや 紫原中央店
薩摩じねんや 紫原中央店
薩摩じねんや 紫原中央店

薩摩じねんや 紫原中央店の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市紫原3丁目37-14
交通
JR鹿児島中央駅からタクシーで11分
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00(閉店)
休業日
無休(1月1日休)
料金
薩摩花林糖饅頭=810円(6個入)/福はぷくぷく=648円(5個入)/
×