下田市街のおすすめの文化施設スポット

下田市街のおすすめの文化施設スポットをご紹介します。村上合掌造り民芸館、草画房、下田開国博物館(黒船来航の記念館)など情報満載。

村上合掌造り民芸館 (ムラカミガッショウヅクリミンゲイカン) 糸車、農機具、人力車など当時の生活を物語る品々を民家に展示

建物は、岐阜県・白川郷から一番大きな民家を30年以上前に移築したもの。館内には糸車、農機具、人力車など当時の生活を物語る品々を展示している。

村上合掌造り民芸館
村上合掌造り民芸館
村上合掌造り民芸館

村上合掌造り民芸館の詳細情報

住所
静岡県下田市大浦海岸三丁目26-27
交通
伊豆急行伊豆急下田駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
不定休
料金
大人600円、小人300円

草画房 (ソウガボウ) 書道家・竹沢尚生の作品や陶磁器などを展示・販売

大正3(1914)年に建てられた石造りの建物。1階のカフェスペースでは、書道家・竹沢尚生の作品のほか、染付けした陶磁器などを展示・販売する。畳の上でゆったりと楽しめる。

草画房
草画房
草画房
草画房

草画房の詳細情報

住所
静岡県下田市三丁目14-6
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月~金曜、月・金曜が祝日の場合は開館(臨時休あり、GW・盆時期・年末年始は営業、要問合せ)
料金
無料

下田開国博物館(黒船来航の記念館) (シモダカイコクハクブツカン クロフネライコウノキネンカン) 開国当時の下田の歴史を振り返る

黒船やペリー、ハリスの資料・愛用品などを展示する博物館。幕末開港時代の日本と開港の舞台となった下田についてわかりやすく紹介している。併設されているおみやげ処「豆州庵」には地場産品やオリジナルグッズがそろう。

下田開国博物館(黒船来航の記念館)
下田開国博物館(黒船来航の記念館)
下田開国博物館(黒船来航の記念館)
下田開国博物館(黒船来航の記念館)

下田開国博物館(黒船来航の記念館)の詳細情報

住所
静岡県下田市四丁目8-13
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス下田海中水族館行きで5分、下田開国博物館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館17:30)
休業日
無休(点検期間休)
料金
大人1200円、小・中学生600円(障がい者手帳持参で本人と介護者1名400円引)

唐人お吉記念館 (トウジンオキチキネンカン) 唐人お吉の記録を展示

幕末の米国総領事、タウンゼント・ハリスのもとで待妾として仕えたお吉の記念館。彼女が使ったかんざしや当時の覚え書きなどを展示している。八幡山宝福寺内で、境内にはお吉の墓もある。

唐人お吉記念館
唐人お吉記念館

唐人お吉記念館の詳細情報

住所
静岡県下田市一丁目18-26
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉館)
休業日
無休
料金
大人400円、中・高校生200円、小学生以下無料

ハリス記念館 (ハリスキネンカン) タウンゼント・ハリスが領事館当時の資料を多数展示する資料館

ハリスが日本初の米国総領事館として使用した玉泉寺の一角にある記念館。ハリスが玉泉寺住職に英語を教えるのに使った和英辞典をはじめ数々の遺品や、当時の村長の日記などが展示されている。

ハリス記念館

ハリス記念館の詳細情報

住所
静岡県下田市柿崎31-6
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス須崎・爪木崎行きで5分、柿崎神社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館)
休業日
無休
料金
大人400円、小人200円(20名以上の団体は1割引)
  • 1
  • 2
×