小諸・湯の丸高原のおすすめの観光スポット・体験スポット

小諸・湯の丸高原のおすすめの観光スポット・体験スポットをご紹介します。マンズワイン小諸ワイナリー、小諸城址懐古園、小諸城址 懐古園の桜など情報満載。

マンズワイン小諸ワイナリー (マンズワインコモロワイナリー) 長野・東信地区に初めてできた先駆的ワイナリー

小諸インターを出てすぐ、ワイン製造工程が見学できる。ワイン、ぶどうの説明などの後、工場を見学し、最後に試飲が楽しめる。約3000坪の日本庭園・万酔園やぶどう畑の散策も自由にできる。

マンズワイン小諸ワイナリー
マンズワイン小諸ワイナリー
マンズワイン小諸ワイナリー
マンズワイン小諸ワイナリー

マンズワイン小諸ワイナリーの詳細情報

住所
長野県小諸市諸375
交通
上信越自動車道小諸ICから県道79号を懐古園方面へ車で1km
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(最終入場)
休業日
無休(12月30日~翌1月4日休)
料金
入場料=無料/小諸メルロー=7560円(750ml)/ソーヴィニヨン・ブラン=3780円/ワイナリー善光寺=1620円/千曲のさざ波=2167円/ソラリス信濃リースリング=3780円/ソラリス千曲川産メルロー=5400円/

小諸城址懐古園 (コモロジョウシカイコエン) 桜、紅葉の名所としても全国的に有名に

明治時代の廃藩置県を受け、その役割を終えた小諸城は、本丸跡に懐古神社を祀ったことで「懐古園」と命名。以来、心安らぐ憩いの場として多くの人々から親しまれている。動物園や遊園地が併設され、大人から子供まで楽しめる城址公園である。

小諸城址懐古園
小諸城址懐古園
小諸城址懐古園
小諸城址懐古園

小諸城址懐古園の詳細情報

住所
長野県小諸市丁311
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉園)、動物園は~16:30(閉園)
休業日
無休、12~翌3月中旬は水曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
入園料(藤村記念館など4館共通)=500円/散策券=大人300円、小人100円/(20名以上の団体は共通券大人400円、小人150円、障がい者手帳持参で大人100円)

小諸城址 懐古園の桜 (コモロジョウシ カイコエンノサクラ) 小諸城の跡にソメイヨシノなど。日本さくら名所100選の一つ

小諸城の跡にあり、広大な敷地の中にソメイヨシノ、ヒガンザクラ、シダレザクラなどが植えられている。「日本さくら名所100選」にも選ばれ、見事な古木・巨木が多い。

小諸城址 懐古園の桜

小諸城址 懐古園の桜の詳細情報

住所
長野県小諸市丁311
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
営業期間
4月中旬~下旬
営業時間
8:30~17:00(閉園)、遊園地は9:00~、動物園は~16:30(閉園)
休業日
期間中無休、12~翌3月中旬は水曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
共通入場料=大人500円、小人(小・中学生)200円/散策入場料=大人300円、小人(小・中学生)100円/(20名以上の団体に限り共通入場料大人400円、小人150円)

弁天清水 (ベンテンシミズ) 古くから庶民の生活用水として使われてきた小諸市諸の湧き水

古くから庶民の生活用水として使われてきた小諸市諸の湧き水。弁天様のほこらの下にある石筒から、勢いよく水が湧きだしている。

弁天清水

弁天清水の詳細情報

住所
長野県小諸市諸
交通
しなの鉄道小諸駅から千曲バス滝原線で10分、JAあさま大里支所下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

大森園 (オオモリエン) リンゴのほか桃やプルーンの果物狩りができる観光農園

リンゴのほか桃やプルーンの果物狩りができる観光農園。100%天然ストレート果汁のリンゴジュースは品種ごとに作り分けられており、微妙な味の違いが選べる。手作りのジャムもある。

大森園
大森園

大森園の詳細情報

住所
長野県小諸市和田984-1
交通
JR北陸新幹線佐久平駅からタクシーで5分
営業期間
7月中旬~8月中旬(桃)、9月(プルーン)、9月中旬~11月下旬(リンゴ)
営業時間
9:30~12:00(閉園)、13:00~16:30(閉園)
休業日
期間中無休
料金
入園料=500~2000円/(果物の種類で変動あり)
×