小諸・湯の丸高原のおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

小諸・湯の丸高原のおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。小諸城址懐古園、海野宿、足柄門など情報満載。

小諸城址懐古園 (コモロジョウシカイコエン) 桜、紅葉の名所としても全国的に有名に

明治時代の廃藩置県を受け、その役割を終えた小諸城は、本丸跡に懐古神社を祀ったことで「懐古園」と命名。以来、心安らぐ憩いの場として多くの人々から親しまれている。動物園や遊園地が併設され、大人から子供まで楽しめる城址公園である。

小諸城址懐古園
小諸城址懐古園
小諸城址懐古園
小諸城址懐古園

小諸城址懐古園の詳細情報

住所
長野県小諸市丁311
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉園)、動物園は~16:30(閉園)
休業日
無休、12~翌3月中旬は水曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
入園料(藤村記念館など4館共通)=500円/散策券=大人300円、小人100円/(20名以上の団体は共通券大人400円、小人150円、障がい者手帳持参で大人100円)

海野宿 (ウンノジュク) うだつが残る宿場町

江戸から明治時代にかけての家並みが軒を連ねる、旧北国街道沿いの宿場「海野宿」。江戸期の「本うだつ」や明治の「袖うだつ」、見事な海野格子など、伝統的な意匠が残る。

海野宿
海野宿
海野宿
海野宿

海野宿の詳細情報

住所
長野県東御市本海野
交通
しなの鉄道田中駅から徒歩20分
営業期間
通年(海野宿資料館、なつかしの玩具展示館は3~12月中旬)
営業時間
見学自由(海野宿資料館、なつかしの玩具展示館は9:00~16:00、時期により異なる)
休業日
無休
料金
海野宿資料館入館料=大人200円、小・中学生100円/なつかしの玩具展示館=大人200円、小・中学生100円/

足柄門 (アシガラモン) 北陸街道沿いの光岳寺の山門。高麗門と呼ばれる簡素な造り

北陸街道沿いの光岳寺の山門が足柄門。小諸城から移築したもので、明和2(1765)年に建築された。高麗門と呼ばれる簡素な造りだが、切妻様式の瓦屋根が印象的だ。

足柄門

足柄門の詳細情報

住所
長野県小諸市荒町1丁目3-4
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

布引観音 (ヌノビキカンノン) 「牛に引かれて善光寺」の伝説の舞台になった寺

千曲川沿いに絶壁となってそそり立つ布引山に立つ観音堂。参道入口より岩がごろごろした坂を約20分登ると到着する。「牛にひかれて善光寺参り」の舞台としても有名。

布引観音

布引観音の詳細情報

住所
長野県小諸市大久保2250
交通
JR小海線小諸駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

三の門 (サンノモン) 国指定重要文化財に指定された歴史ある、寄棟造りの二層の城門

平成5(1993)年に大手門と揃って国指定重要文化財に指定された歴史ある城門。寄棟造りの二層の城門になっており、徳川家達の筆を写した「懐古園」の大額が掛かっている。

三の門

三の門の詳細情報

住所
長野県小諸市丁311
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(資料館は9:00~17:00)
休業日
無休、12~翌3月中旬は水曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
懐古園共通券=大人500円、小人200円/散策券=大人300円、小人100円/(障がい者手帳持参で大人100円)
  • 1
  • 2
×