加古川・高砂のおすすめの神社(稲荷・権現)スポット

加古川・高砂のおすすめの神社(稲荷・権現)スポットをご紹介します。高砂神社、尾上神社、生石神社など情報満載。

高砂神社 (タカサゴジンジャ) 一本の根が左右に分かれ雌雄の幹をもつ松が、縁結びの象徴に

創建まもなく境内に生えたといわれる「相生の松」は一本の根から雌雄の幹が左右に分かれ、縁結びや和合長寿の象徴とされた。婚儀に用いられる「尉と姥」発祥の地でもある。

高砂神社
高砂神社
高砂神社
高砂神社

高砂神社の詳細情報

住所
兵庫県高砂市高砂町東宮町190
交通
山陽電鉄本線高砂駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
6:00~17:30(時期により異なる)
休業日
無休
料金
無料

尾上神社 (オノエジンジャ) 航海の神「住吉大神」を祀る。希少な朝鮮鐘「尾上の鐘」を有する

航海の神である住吉大神を祀る。神社に伝わる高麗時代初期のものという「尾上の鐘」は、日本に現存する希少な朝鮮鐘のひとつで、国の重要文化財に指定されている。謡曲「高砂」発祥の地。

尾上神社の詳細情報

住所
兵庫県加古川市尾上町長田518
交通
山陽電鉄本線尾上の松駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
6:00~18:00(閉門、宝物見学は要予約)
休業日
無休
料金
無料

生石神社 (オウシコジンジャ) 巨石の御神体に残された多くの謎が人々を惹きつける

崇神天皇の時代に創建されたと伝わる神社(諸説あり)。御神体として祀られる巨大な石造物は製作の年代や製作者、目的などは不明で日本三奇の一つ。台石上に貯まった水に浮いて(台石に載っている状態)、浮石とも呼ばれる。

生石神社

生石神社の詳細情報

住所
兵庫県高砂市阿弥陀町生石171
交通
JR神戸線宝殿駅から高砂市コミュニティバス「じょうとんバス」ふれあいの郷生石行きで7分、終点下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
御神体石宝殿拝観料=100円/

曽根天満宮 (ソネテンマングウ) 菅原道真が植えた「曽根の松」が有名

菅原道真が植えた「曽根の松」。後に道真の四男淳茂が、その松の側に父を祀ったのが曽根天満宮の始まりと伝わる。霊松とされる「曽根の松」は初代から数えて5代目にあたる。

曽根天満宮
曽根天満宮
曽根天満宮

曽根天満宮の詳細情報

住所
兵庫県高砂市曽根町2286-1
交通
山陽電鉄本線山陽曽根駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし
×