関西のおすすめの文化財スポット

関西のおすすめの文化財スポットをご紹介します。新井ビル、根來寺、工楽松右衛門旧宅など情報満載。

新井ビル (アライビル) 大正時代のモダンデザイン建築

旧報徳銀行大阪支店のビルとして大正11(1922)年に竣工。吹き抜けの1階と2階には、大阪を代表する洋菓子店「五感」が入る。国の登録有形文化財になっているほか、「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」に選定されている。

新井ビル

新井ビルの詳細情報

住所
大阪府大阪市中央区今橋2丁目1-1
交通
地下鉄北浜駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休(五感は1月1~3日休)
料金
情報なし

根來寺 (ネゴロジ) 広大な境内は桜と紅葉の名所

新義真言宗の総本山で、900年の歴史を誇る名刹。日本最大の木造大塔(国宝)・中世の面影を残す境内(史跡)が、法灯とともに寺の壮大な歴史を今に伝えている。桜、紅葉の名所としても有名。

根來寺
根來寺
根來寺
根來寺

根來寺の詳細情報

住所
和歌山県岩出市根来2286
交通
JR阪和線和泉砂川駅から和歌山バス那賀JR岩出駅前行きで16分、根来寺下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:10~16:30(閉門)、11~翌3月は~16:00(閉門)
休業日
不定休
料金
入山料=大人500円、小学生以下無料/(30名以上の団体は大人400円、障がい者手帳持参で本人無料)

工楽松右衛門旧宅 (クラクマツエモンキュウタク)

工楽松右衛門旧宅の詳細情報

住所
兵庫県高砂市高砂町今津町532

京都府庁 旧本館 (キョウトフチョウ キュウホンカン) 春、桜に覆われる姿は華麗

明治37(1904)年竣工のルネサンス様式の建物で重要文化財。ロの字形の建物に囲まれた中庭には、円山公園の初代枝垂れ桜の孫にあたる桜のほか珍しい5種類の桜が6本あり、春に風雅に咲き誇る。

京都府庁 旧本館

京都府庁 旧本館の詳細情報

住所
京都府京都市上京区下立売通新町西入ル薮ノ内町
交通
地下鉄丸太町駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00
休業日
日・月曜、祝日、第2・4土曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料

今西家書院 (イマニシケショイン) 雅やかな書院で日本建築を堪能

もとは興福寺大乗院家の坊官を務めた福智院氏の居宅で、大正時代に春鹿醸造元・今西家の所有となった。初期の書院造りを伝える室町時代の貴重な文化財だ。美しく手入れされた庭を望む重文の書院では、3日前までに予約をすれば昼食に「書院御前」もいただける(平日2組、土・日曜1組)。

今西家書院
今西家書院
今西家書院
今西家書院

今西家書院の詳細情報

住所
奈良県奈良市福智院町24-3
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~15:30(閉館16:00)
休業日
月曜(臨時休あり、盆時期休、年末年始休)
料金
入館料=大人350円、小・中・高・大学生300円/大吟醸酒粕アイスクリーム=650円/酒粕バームクーヘンとお飲み物=650円/季節の和菓子とお抹茶=650円/珈琲=300円/梅ソーダ=300円/書院御膳(3日前まで要予約、平日2組、土・日曜、祝日1組のみ)=2300円/(70歳以上50円引、障がい者入館料50円引)
×