近江八幡のおすすめ観光・旅行スポット

近江八幡のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。八幡堀めぐり、安土城天主 信長の館、安土城跡など情報満載。

八幡堀めぐり (ハチマンボリメグリ) 白壁土蔵の景観をのんびり眺めて

琵琶湖を往来する荷船を寄港させるために、安土桃山時代に豊臣秀次が整えた八幡堀。全長6kmの堀の周囲には白壁土蔵が並び、緑が茂る中を遊覧することができる。

八幡堀めぐり
八幡堀めぐり

八幡堀めぐりの詳細情報

住所
滋賀県近江八幡市多賀町743
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで6分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉店、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
大人1000円、小人500円、幼児無料(20名以上の団体1割引(月~金曜)、障がい者手帳持参で3割引)

安土城天主 信長の館 (アヅチジョウテンシュ ノブナガノヤカタ) 「幻の名城」の天主を復元

安土城天主の5、6階部分の原寸大復元模型を展示。狩野一門が描いた「金碧障壁画」や金箔約10万枚を使った外壁など、信長の美意識を形にした絢爛豪華な建物は圧巻だ。また創建当時の安土城と城下町をバーチャルリアリティ映像で視聴できる。

安土城天主 信長の館

安土城天主 信長の館の詳細情報

住所
滋賀県近江八幡市安土町桑実寺800
交通
JR琵琶湖線安土駅から徒歩25分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月28日~翌1月4日休)
料金
大人600円、高・大学生350円、小・中学生170円(安土城考古博物館との共通券あり、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

安土城跡 (アヅチジョウアト) 名城跡で信長の心に思いをはせる

天正4(1576)年、信長が天下布武の拠点とした安土城の城跡で、標高約199mの山にある国指定の特別史跡。本能寺の変後に焼失し、現在残る石垣や天主跡、本丸跡の礎石などが歴史の鼓動を伝える。二の丸跡には豊臣秀吉が建立した信長廟もある。

安土城跡
安土城跡
安土城跡
安土城跡

安土城跡の詳細情報

住所
滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
交通
JR琵琶湖線安土駅から徒歩25分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉門17:00、時期により異なる)
休業日
積雪・荒天時
料金
入山料=大人700円、小人200円/本堂拝観料(土・日曜)=500円/

シャーレ水ヶ浜 (シャーレミズガハマ) 静かな湖畔のレストポイント

水ヶ浜ビーチの湖畔に立つログハウス風のカフェ。四季おりおりの琵琶湖の景色を楽しみながら自家製ケーキや地下水でいれたコーヒーが味わえる。軽食メニューもそろっている。

シャーレ水ヶ浜
シャーレ水ヶ浜
シャーレ水ヶ浜
シャーレ水ヶ浜

シャーレ水ヶ浜の詳細情報

住所
滋賀県近江八幡市長命寺町水ヶ浜182-8
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~日没まで
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
自家製ビーフカレー=1000円/天然地下水のコーヒーと手作りケーキセット=800円/ホットサンド=600円/ 平均予算(昼):800円

近江牛レストラン ティファニー (オウミギュウレストラン ティファニー) 独創的なメニューでさまざまな肉料理を提案

近江牛の老舗精肉店「カネ吉山本」の直営店で、ステーキやしゃぶしゃぶなどさまざまな近江牛料理が味わえる。牛トロずしあぶりや、牛フィレ肉の洗いなど創作料理も人気だ。

近江牛レストラン ティファニーの詳細情報

住所
滋賀県近江八幡市鷹飼町558
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:00(L.O.)、17:00~20:30(閉店22:00)
休業日
火曜、祝日の場合は営業(12月30日~翌1月2日休)
料金
サービスランチ(平日)=1400円/サービスランチ数量限定(土・日曜、祝日)=2160円/近江牛ステーキランチ=4536円~/近江牛しゃぶしゃぶ=4320円~/近江牛すき焼き=6480円~/コース料理「ティファニー」=7992円/ 平均予算(昼):1800円, 平均予算(夜):5000円(個室利用はサービス料10%)
×