名瀬のおすすめの食品・お酒スポット

名瀬のおすすめの食品・お酒スポットをご紹介します。弥生焼酎醸造所、花田ミキ店、食鮮市場@やっちゃばなど情報満載。

弥生焼酎醸造所 (ヤヨイショウチュウジョウゾウショ) 「まんこい」など良質の黒糖を使う黒糖焼酎を製造

良質の黒糖を使う黒糖焼酎を製造。千客万来を意味する「まんこい」は、沖縄産サトウキビが原料の黒糖を使い、樫樽で貯蔵した黒糖焼酎。すっきりとした甘みと香りが特徴。

弥生焼酎醸造所

弥生焼酎醸造所の詳細情報

住所
鹿児島県奄美市名瀬小浜町15-3
交通
名瀬市街からしまバス佐仁行きで3分、唐浜下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~16:00(閉店17:00)
休業日
日曜、祝日(盆時期休、年末年始休)
料金
まんこい=1440円(900ml)/

花田ミキ店 (ハナダミキテン) 南国で飲むスタミナ飲料

米、サツマイモ、白糖が原料の白いトロリとした飲み物。栄養価が高く消化もいいので、夏バテ対策に最適だ。創業以来作り続けている「花田のミキ」を販売する花田ミキ店がおすすめ。

花田ミキ店の詳細情報

住所
鹿児島県奄美市名瀬鳩浜町27
交通
名瀬市街からしまバス空港行きで15分、鳩浜団地下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店)
休業日
日曜
料金
花田のミキ=300円(1000ml)/

食鮮市場@やっちゃば (ショクセンイチバ ヤッチャバ) 奄美産の旬のフルーツが買える

奄美の特産品が買える店。2月から3月はタンカン、6月上旬はスモモ、7月はパッションフルーツと、季節ごとの果物を販売し、9月から11月には希少な島バナナを入荷。ジュースや黒糖焼酎なども人気。

食鮮市場@やっちゃば
食鮮市場@やっちゃば
食鮮市場@やっちゃば
食鮮市場@やっちゃば

食鮮市場@やっちゃばの詳細情報

住所
鹿児島県奄美市名瀬金久町9-2
交通
だるま市場通りバス停からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00(閉店)
休業日
不定休
料金
島バナナ(9~10月)=2500円~(1kg)/グァバ果汁=1080円(500ml)/パッションフルーツ(7月)=3500円~(1kg)/スモモ(6月上旬)=4500円~(1kg)/タンカン(2~3月)=3500円~(5kg)/(料金は天候により変動)

菓子工房 春風堂 (カシコウボウ シュンプウドウ) 「黒うさぎの子守唄」や「奄美柑」などの和菓子を販売

奄美の特産品を使った和菓子を販売している。黒糖を練り込んだ蒸し饅頭「黒うさぎの子守唄」や、餡や皮にタンカンを使ったさわやかな香りの「奄美柑」などが人気を集める。

菓子工房 春風堂
菓子工房 春風堂

菓子工房 春風堂の詳細情報

住所
鹿児島県奄美市名瀬久里町2-16
交通
名瀬市街からしまバス奥又方面行きで5分、大島高校前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~20:00(閉店)、日曜は~19:00(閉店)
休業日
不定休(盆時期休)
料金
黒糖蒸し饅頭「黒うさぎの子守唄」=929円(8個入)/ころころたんかん=648~864円(1個)/奄美柑=146円(1個)、918円(5個入)/

酒屋まえかわ (サカヤマエカワ) 黒糖焼酎約300種がそろう

奄美群島の全18代表蔵27酒造場、およそ300種の黒糖焼酎を取り扱う。萱葺き屋根で飾られた棚にずらりと並び、好みを伝えれば焼酎選びのアドバイスもしてくれる。商品によっては試飲もできる。

酒屋まえかわ

酒屋まえかわの詳細情報

住所
鹿児島県奄美市名瀬港町6-10
交通
港町バス停からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~21:00(閉店)
休業日
日曜(1月1日休)
料金
龍宮(25度)=1296円(720ml)/龍宮(30度)=1426円(900ml)/長雲一番橋(30度)=1728円(720ml)/朝日(30度)=1296円(900ml)/
×