九州・沖縄のおすすめのとんかつスポット

九州・沖縄のおすすめのとんかつスポットをご紹介します。とんかつ川久、薩摩黒豚とんかつ専門店 黒かつ亭本店、六白など情報満載。

とんかつ川久 (トンカツカワキュウ) 霧島高原の熟成豚のとんかつ

霧島高原で熟成飼育した豚肉が中心のとんかつ専門店。肉は厚く、衣は薄くして揚げている。上ロースかつは250gのボリュームがある。ランチメニューは平日の11時30分から午後3時まで。

とんかつ川久
とんかつ川久
とんかつ川久
とんかつ川久

とんかつ川久の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市中央町21-13
交通
JR鹿児島中央駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(閉店)、17:00~21:30(閉店22:00)
休業日
火曜、祝日の場合は振替休あり(1月1~2日休)
料金
上ロースかつ定食=1600円/上ヒレかつ定食=1800円/川久ランチ(平日の11:30~15:00)=1100円/ 平均予算(昼):900円, 平均予算(夜):1500円

薩摩黒豚とんかつ専門店 黒かつ亭本店 (サツマクロブタトンカツセンモンテン クロカツテイホンテン) 全定食とも豚汁&ひと口しゃぶ付き

JR鹿児島中央駅のそばにあるとんかつ専門店。独自に仕入れる黒豚は、肉の繊維が細くやわらかい。とんかつで食べると、うまみと上品な脂身の甘さが際立つ。すべての定食に豚汁と「ひと口しゃぶ」が付く。

薩摩黒豚とんかつ専門店 黒かつ亭本店

薩摩黒豚とんかつ専門店 黒かつ亭本店の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市中央町29-12
交通
JR鹿児島中央駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:30、17:00~22:00
休業日
無休
料金
上ロースかつ定食=1188円(昼)・1716円(夜)/

六白 (ロッパク) ボリュームのあるとんかつで満腹に

六白とは、鼻と尾と4本の足が白い純血の黒豚のこと。この店では甘みのある六白に自店製のパン粉をつけ、ラードや植物油をブレンドした油で揚げる。

六白

六白の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市東千石町14-5
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで8分、天文館通下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(閉店15:30頃)、17:30~21:00(閉店21:30頃)、土・日曜、祝日の昼は~15:30(L.O.)、1月2~3日は昼のみ
休業日
水曜、祝日の場合は営業(1月1日休)
料金
特選六白ヒレランチ=1280円/六白定食ロース(小)=1800円~/六白ランチ=1280円/キャベツ丼=530円/かつ丼=640円/ランチ定食=900円~/ 平均予算(昼):600円, 平均予算(夜):1800円

高田茶屋 文治郎 東古川町店 (タカダヂャヤ ブンジロウ ヒガシフルカワマチテン) 龍馬が愛用した亀山焼でランチ

店主の高田さんは、慶応元(1865)年に廃窯した亀山焼を、文献をもとに「崎陽亀山焼高田茶屋」として再興した人。店では亀山焼の器で食事ができる。

高田茶屋 文治郎 東古川町店
高田茶屋 文治郎 東古川町店
高田茶屋 文治郎 東古川町店
高田茶屋 文治郎 東古川町店

高田茶屋 文治郎 東古川町店の詳細情報

住所
長崎県長崎市東古川町4-3
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで7分、新地中華街で長崎電気軌道5号系統蛍茶屋行きに乗り換えて4分、めがね橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:30(L.O.)、17:00~21:00(閉店22:00)
休業日
無休
料金
上ロース定食(150g)=1620円/ 平均予算(昼):900円, 平均予算(夜):1200円

味のとんかつ丸一 (アジノトンカツマルイチ) 上質な黒豚を使った肉厚とんかつ

鹿児島黒豚の人気を牽引してきた店の一つ。油やパン粉も上質のものを使い、低温でじっくりと揚げたとんかつは、肉のうまみがあり、ふっくらとやわらかいのが特徴。

味のとんかつ丸一
味のとんかつ丸一
味のとんかつ丸一

味のとんかつ丸一の詳細情報

住所
鹿児島県鹿児島市山之口町1-10
交通
JR鹿児島中央駅から市電2系統鹿児島駅前行きで6分、高見馬場下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店14:30)、17:30~20:30(閉店21:00)
休業日
日曜(12月31日~翌1月3日休)
料金
上ロースカツ定食=2100円/ヒレカツ定食=2100円/ヒレカツランチ定食=1300円/ロースカツランチ定食=1300円/スペシャル盛合わせ=6500円/ 平均予算(昼):1300円, 平均予算(夜):2100円
×