川越のおすすめの文化施設スポット

川越のおすすめの文化施設スポットをご紹介します。川越まつり会館、川越歴史博物館、川越市立美術館など情報満載。

川越まつり会館 (カワゴエマツリカイカン) いつでも川越まつりを体感できる

毎年10月に開催される川越まつりの資料を集めた資料館。実際に祭りで使用される本物の山車を2台、随時入れ替えながら展示している。定期的にお囃はや子しの実演も開催。

川越まつり会館
川越まつり会館

川越まつり会館の詳細情報

住所
埼玉県川越市元町2丁目1-10
交通
西武新宿線本川越駅から東武バスウエスト札の辻方面行きで3分、札の辻下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:00(閉館18:30、10~翌3月は~17:00<閉館17:30>)
休業日
第2・4水曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月1日休)
料金
入館料=大人300円、小・中学生100円、未就学児無料/5館共通券(川越まつり会館、市立博物館、市立美術館、川越城本丸御殿、蔵造り資料館)=大人650円、高・大学生450円/(20名以上の団体は大人240円、小人80円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名入館料無料)

川越歴史博物館 (カワゴエレキシハクブツカン) 川越城と川越藩ゆかりの歴史的資料、甲冑や忍者資料を展示、紹介

川越城築城530年を機に開館した歴史博物館。川越城と本丸御殿をはじめ、歴史の町川越ならではの見どころがいっぱい。川越城に仕えた忍者の資料などもある。

川越歴史博物館

川越歴史博物館の詳細情報

住所
埼玉県川越市久保町11-8
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
無休
料金
一般500円、小・中学生300円(団体は一般400円、小・中学生250円、障がい者割引あり)

川越市立美術館 (カワゴエシリツビジュツカン) 川越ゆかりの作品を展示

川越市立博物館に隣接した美術館。川越にゆかりのある作家や作品などを展示している。近代日本画家の父といわれる橋本雅邦の作品なども所蔵している。

川越市立美術館

川越市立美術館の詳細情報

住所
埼玉県川越市郭町2丁目30-1
交通
JR川越線川越駅から小江戸巡回バス蔵の街先回りコースで12分、博物館・美術館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜(臨時休あり、12月28日~翌1月4日休)
料金
大人200円、高・大学生100円、中学生以下無料、特別展は別料金(20名以上の団体は大人160円、高・大学生80円、障がい者と同伴者1名無料)

遠山記念館 (トオヤマキネンカン) 国登録文化財の昭和初期建築と多彩な美術品を展示

遠山元一コレクションを展示する美術館。重要文化財をふくむ美術品を展示。行く度に貴重な作品に出会える。園内には昭和初期に建てられた伝統的日本建築の大邸宅を今に保存している。

遠山記念館
遠山記念館
遠山記念館
遠山記念館

遠山記念館の詳細情報

住所
埼玉県川島町白井沼675
交通
JR川越線川越駅から東武バス桶川駅行きで30分、牛ヶ谷戸下車、徒歩15分
営業期間
通年(美術館のみ2018年3月31日まで休館)
営業時間
10:00~16:00(閉館16:30)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月21日~翌1月6日休、臨時休あり)
料金
入館料=大人700円、高・大学生500円、中学生以下無料/入館料(邸宅・庭園のみ、美術館休館中の2018年3月31日まで)=大人500円、高・大学生300円/(20名以上の団体は2割引、障がい者手帳持参で大人500円、高・大学生300円)

山崎美術館 (ヤマザキビジュツカン) 土蔵が展示室になっており日本画家・橋本雅邦の作品などを公開

明治期、日本画革新の先覚者だった橋本雅邦の、繊細さと大胆さを併せ持つ作品を公開。敷地奥の土蔵が展示室になっている。井戸のある休憩所では茶菓子のもてなしもある。

山崎美術館

山崎美術館の詳細情報

住所
埼玉県川越市仲町4-13
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
木曜、祝日の場合は開館(展示替え期間休、12月27日~翌1月2日休)
料金
大人500円、高・大学生350円、小・中学生200円(10名以上は団体割引あり、障がい者は大人250円、高・大学生200円、小・中学生100円)
  • 1
  • 2
×