会津・磐梯のおすすめの名水スポット

会津・磐梯のおすすめの名水スポットをご紹介します。安宮清水、磐梯西山麓湧水群、小野川湧水など情報満載。

安宮清水 (アンキュウシミズ) 高倉宮が落ちのびてきた際、渇きを癒したと伝えられる清水

高倉宮が中山道を下り、尾瀬を経て落ちのびてきた、という伝説が残る檜枝岐村。その際、親王の渇きを癒すために差し上げた清らかなわき水が、この安宮清水だ。

安宮清水の詳細情報

住所
福島県檜枝岐村下ノ台
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス沼山峠行きで1時間20分、桧枝岐ますや前下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

磐梯西山麓湧水群 (バンダイニシサンロクユウスイグン) 西山麓にいくつもある湧水。その中の龍ヶ沢湧水は全く涸れない

名峰・磐梯山の西山麓にいくつも湧き出す泉。代表格の龍ヶ沢湧水はどんな旱魃の時にも涸れることがなく、平安時代から昭和30年時代にいたるまで雨乞いの神事が行われた霊水だ。

磐梯西山麓湧水群

磐梯西山麓湧水群の詳細情報

住所
福島県磐梯町磐梯西山麓
交通
JR磐越西線磐梯町駅から徒歩50分
営業期間
通年(冬期は積雪のため通行不可)
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

小野川湧水 (オノガワユウスイ) 樹林の中に「百貫清水」といわれる円形の泉がひっそりと佇む

磐梯山噴火でできた小野川湖。深い樹海から湖に流れ込む清冽な水をさかのぼると、落差20mの大瀑布・不動滝が現れる。水源はさらに奥で、日量約6000トンの水量。

小野川湧水の詳細情報

住所
福島県北塩原村桧原
交通
JR磐越西線猪苗代駅から磐梯東都バス休暇村・桧原行きで25分、五色沼入口下車、遊歩道の入り口まで徒歩1時間30分、不動滝までは徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし
×