会津・磐梯のおすすめの観光スポット・体験スポット

会津・磐梯のおすすめの観光スポット・体験スポットをご紹介します。大内宿、鶴ヶ城、七日町通りなど情報満載。

大内宿 (オオウチジュク) 江戸時代の旅人気分を満喫しよう

会津と日光を結ぶ会津西街道の宿場として、江戸時代には参勤交代の大名行列や旅人で賑わった。現在も約30軒の茅葺きの民家が並び、食事処やみやげ物店を営んでいる。

大内宿
大内宿
大内宿
大内宿

大内宿の詳細情報

住所
福島県下郷町大内山本
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

鶴ヶ城 (ツルガジョウ) 激動の時代を今に伝える

会津領主の居城。文禄2(1593)年に蒲生氏郷が7層の天守閣を築き、江戸初期の城主・加藤明成のときに白亜5層の天守閣が完成した。戊辰戦争では激しい攻防戦を耐え抜くが、明治7(1874)年に石垣だけを残して取り壊され、現在の城は昭和40(1965)年に再建された。

鶴ヶ城
鶴ヶ城
鶴ヶ城
鶴ヶ城

鶴ヶ城の詳細情報

住所
福島県会津若松市追手町1-1
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で21分、鶴ヶ城入口下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館17:00)
休業日
無休
料金
入場料(天守閣)=大人410円、小・中学生150円/入園料(茶室麟閣)=大人200円、小・中学生無料/共通券(天守閣、茶室麟閣)=大人510円/(障がい者手帳持参で無料)

七日町通り (ナノカマチドオリ) レトロな街並みを歩いてみよう

毎月七の日に市が立ったのが名前の由来。会津随一のにぎわいを見せていた藩政時代には及ばないが、現在も蔵造りの店や洋館などが通りに軒を連ね、情緒あふれている。

七日町通り
七日町通り
七日町通り
七日町通り

七日町通りの詳細情報

住所
福島県会津若松市七日町
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

磐梯山ゴールドライン (バンダイサンゴールドライン) 磐梯山の表と裏の表情が楽しめる

目の前に磐梯山と猪苗代湖を望みながら、磐梯山麓を走る爽快な山岳ドライブコース。緑に包まれて穏やかな表情の磐梯山が、爆裂火口が見え始めて、徐々に荒々しい姿に変わっていくのは必見。全長16.6km、所要時間約30分。

磐梯山ゴールドライン
磐梯山ゴールドライン
磐梯山ゴールドライン
磐梯山ゴールドライン

磐梯山ゴールドラインの詳細情報

住所
福島県磐梯町更科、北塩原村桧原
交通
磐越自動車道磐梯河東ICから県道64号を裏磐梯高原方面へ車で10km
営業期間
4月中旬~11月中旬
営業時間
24時間(4月中旬~5月中旬、11月上旬~中旬は時間不定の夜間通行止めあり)
休業日
期間中無休
料金
無料

新宮熊野神社「長床」 (シングウクマノジンジャ ナガトコ) 44本の太い円柱が荘厳な拝殿

天喜3(1055)年、源頼義の勧請が始まりという。44本の太い円柱が並ぶ建物は、平安時代の寝殿造りを踏襲して建てられたもので、修験者の道場としても使われていた。

新宮熊野神社「長床」
新宮熊野神社「長床」
新宮熊野神社「長床」
新宮熊野神社「長床」

新宮熊野神社「長床」の詳細情報

住所
福島県喜多方市慶徳町新宮熊野2258
交通
JR磐越西線喜多方駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館)
休業日
無休、12~翌3月は月~金曜、祝日の場合は開館
料金
大人300円、高校生200円、中学生以下無料(20名以上の団体は大人250円、高校生150円)
×