九州・沖縄のおすすめの観光・レジャースポット

九州・沖縄のおすすめの観光・レジャースポットをご紹介します。沖縄美ら海水族館、古宇利大橋、首里城公園など情報満載。

沖縄美ら海水族館 (オキナワチュラウミスイゾクカン) ジンベエザメとマンタが泳ぐ姿に感動MAX

沖縄の海を、太陽光の差し込むサンゴ礁から神秘的な深海まで再現した水族館。世界最大級の水槽でジンベエザメやナンヨウマンタが悠々と泳ぐ様子は圧巻だ。美しいサンゴを展示する水槽やカラフルな熱帯魚が泳ぐ水槽もあり、どのコーナーも見どころたっぷり。充実した解説プログラムも人気が高い。

沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館の詳細情報

住所
沖縄県本部町石川424
電話
0980-48-3748
交通
那覇空港からやんばる急行バス運天港行きで2時間20分、記念公園前下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~19:00(閉館20:00)、10~翌2月は~17:30(閉館18:30)
休業日
無休、12月は第1水・木曜

古宇利大橋 (コウリオオハシ) 見渡す限りの海が広がる絶景ロード

屋我地島と古宇利島とを結ぶ1960mの離島架橋。青く澄んだ海の上をまっすぐに延びる橋は最高のドライブコース。橋の下の海は透明度が高く、日が当たるとエメラルドグリーンにキラキラと輝く。通行無料。

古宇利大橋
古宇利大橋
古宇利大橋
古宇利大橋

古宇利大橋の詳細情報

住所
沖縄県今帰仁村古宇利
電話
0980-56-2256(今帰仁村経済課)
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で22km
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

首里城公園 (シュリジョウコウエン) 沖縄でしか出会えない“朱”の王宮へ

那覇市内を見渡す丘の上に、沖縄戦で全焼した首里城を中心に復元、整備された国営公園。園内は城の中枢である正殿などが建つ有料区域と、無料区域に分かれ、立派な建造物や門の数々が琉球王国時代へと誘う。復元作業は現在も続く。御内原エリアも開園。

首里城公園
首里城公園
首里城公園
首里城公園

首里城公園の詳細情報

住所
沖縄県那覇市首里金城町1丁目2
電話
098-886-2020(首里城公園管理センター)
交通
ゆいレール首里駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:30(閉館19:00、時期により異なる)
休業日
無休、有料区域および首里杜館(駐車場含む)は7月第1水・木曜

川平湾 (カビラワン) 八重山屈指の景勝地

ブルーの絵の具を流したように鮮やかな海が美しい、石垣島で一番人気の観光名所。川平湾周辺の海でサンゴ礁や熱帯魚を観賞するグラスボートが運航している。

川平湾
川平湾
川平湾
川平湾

川平湾の詳細情報

住所
沖縄県石垣市川平
電話
0980-83-3986(石垣市建設部施設管理・すぐやる課)
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで30分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

万座毛 (マンザモウ) 本島随一の絶景ポイント七色に輝く海のナイスビュー

サンゴ礁が広がる海に切り立つ断崖は、まるでゾウの鼻のよう。崖の上一面は天然芝で覆われ、周囲には遊歩道が整備されている。眼下に広がるエメラルドグリーンの海は刻々と色合いを変化させ、夕暮れ時はとくに美しい。

万座毛
万座毛
万座毛
万座毛

万座毛の詳細情報

住所
沖縄県恩納村恩納
電話
098-966-1280(恩納村商工観光課)
交通
沖縄自動車道屋嘉ICから県道88号、国道58号などを恩納方面へ車で6km
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
×