南阿蘇のおすすめの郷土料理スポット

南阿蘇のおすすめの郷土料理スポットをご紹介します。高森田楽の里、高森田楽村、郷土料理 高森田楽保存会など情報満載。

高森田楽の里 (タカモリデンガクノサト) 地元の食材を囲炉裏端で楽しむ

築200年以上の古民家を利用した店。高森特産の鶴の子芋(入荷がある日のみ)、清流でとれた沢ガニやヤマメ、自家製コンニャクや豆腐などがある。田楽はユズと山椒、季節の味噌を付ける。

高森田楽の里
高森田楽の里
高森田楽の里
高森田楽の里

高森田楽の里の詳細情報

住所
熊本県高森町高森2685-2
交通
九州自動車道熊本ICから国道57号、一般道(阿蘇長陽大橋)、国道325・265号を南阿蘇方面へ車で40km
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:30(L.O.、12~翌3月中旬の月~金曜は~17:00、土・日曜、祝日は~18:30)
休業日
無休
料金
田楽定食=1890円/山里定食=1980円/炭火鶏焼定食=1790円/肥後あか牛定食=2890円/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):2000円

高森田楽村 (タカモリデンガクムラ) 体にやさしい味わいの田楽味噌が自慢

炭火でじっくり焼く田楽は、高森地方特産の鶴の子芋や、鶴の子芋と白飯を混ぜたいもたんぽなど6種。秘伝の田楽味噌は化学調味料を一切使用せず、黒砂糖で甘みとコクを出している。

高森田楽村
高森田楽村
高森田楽村
高森田楽村

高森田楽村の詳細情報

住所
熊本県高森町上色見814-2
交通
九州自動車道熊本ICから国道57号、一般道(阿蘇長陽大橋)、国道325号、一般道を南阿蘇方面へ車で40km
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(L.O.、17:00~は要予約、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
地鶏定食=1780円/田楽定食=1890円/肥後のあか牛定食=3900円/あか牛カルビ定食=2200円/高森田楽の串セット=1500円/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):2000円

郷土料理 高森田楽保存会 (キョウドリョウリ タカモリデンガクホゾンカイ) うまみたっぷりの味噌ダレが決め手

鎌倉時代から続く高森田楽の老舗。田楽コースは地元の主婦が作った豆腐やコンニャクをはじめ、山の幸が並ぶ。3年間寝かせた深みのある田楽味噌が、食材の味を引き立てる。

郷土料理 高森田楽保存会の詳細情報

住所
熊本県高森町上色見2639
交通
九州自動車道熊本ICから国道57号、一般道(阿蘇長陽大橋)、国道325・265号を南阿蘇方面へ車で43km

旬彩ビュッフェ 六花亭 (シュンサイビュッフェ ロッカテイ) 自家生産の有精卵は味が濃く、卵かけごはんにするとおいしい

地元産の野菜と自家生産の有精卵を使ったバイキングの店。とくに有精卵は味が濃く、卵かけごはんによく合う。

旬彩ビュッフェ 六花亭
旬彩ビュッフェ 六花亭
旬彩ビュッフェ 六花亭
旬彩ビュッフェ 六花亭

旬彩ビュッフェ 六花亭の詳細情報

住所
熊本県南阿蘇村中松中車鶴3918-1
交通
九州自動車道熊本ICから国道57号、一般道(阿蘇長陽大橋)、国道325号を南阿蘇方面へ車で32km
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(閉店15:00)
休業日
水曜(12月30日~翌1月2日休)
料金
大人(中学生以上)=1100円/小人(小学生以上)=680円/小人(幼児3歳以上)=420円/ 平均予算(昼):1100円

炭焼地鶏の店 らくだ山 (スミヤキジドリノミセ ラクダヤマ) 地鶏を炭焼きで味わう

肉質が引き締まった生後1年から1年半の地鶏を炭焼きで味わえる。地元産の醤油をベースにした自店製のタレで味付けした地鶏は、焼き色がついたらハサミで切って食べる。

炭焼地鶏の店 らくだ山
炭焼地鶏の店 らくだ山

炭焼地鶏の店 らくだ山の詳細情報

住所
熊本県高森町高森2693-4
交通
九州自動車道熊本ICから国道57号、一般道(阿蘇長陽大橋)、国道325号、国道265号を南阿蘇方面へ車で40km
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00(閉店20:00)、土・日曜、祝日は10:30~
休業日
無休、12~翌2月は第1・3水曜(12月30日~翌1月2日休)
料金
地鶏炭火焼の定食=1780円/地鶏炭火焼(単品)=1350円/あわご飯=160円/ 平均予算(昼):1800円, 平均予算(夜):1800円
×