軽井沢・小諸のおすすめの美術館スポット

軽井沢・小諸のおすすめの美術館スポットをご紹介します。軽井沢千住博美術館、セゾン現代美術館、軽井沢現代美術館など情報満載。

軽井沢千住博美術館 (カルイザワセンジュヒロシビジュツカン) 自然とアートが織り成す心地よい美空間

世界で活躍する日本画家・千住博が折々の企画に応じて自ら選ぶ40数点を展示する美術館。建築家・西沢立衛の設計した建物は、自然の光に満ち溢れ、明るく開放的な展示空間を創り出している。

軽井沢千住博美術館
軽井沢千住博美術館

軽井沢千住博美術館の詳細情報

住所
長野県軽井沢町長倉815
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅からタクシーで10分
営業期間
3月~12月25日
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
期間中火曜、祝日の場合は開館、7~9月は無休
料金
入館料=大人1200円、高・大学生800円、中学生以下無料/(20名以上の団体は大人1000円、高・大学生700円、100名以上の団体は大人900円、高・大学生600円、障がい者と同伴者1名無料)

セゾン現代美術館 (セゾンゲンダイビジュツカン) 緑とモダンアートがひとつになった場所

20世紀前半の世界的巨匠から、新進気鋭の日本アーティストまで幅広いコレクションをそろえる美術館。緑鮮やかな庭園には彫刻作品が点在し、自然との素晴らしい調和をみせる。

セゾン現代美術館
セゾン現代美術館
セゾン現代美術館
セゾン現代美術館

セゾン現代美術館の詳細情報

住所
長野県軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
交通
しなの鉄道中軽井沢駅から西武観光バス鬼押し出園方面行きで6分、千ヶ滝温泉入口下車、徒歩10分
営業期間
4月中旬~11月下旬
営業時間
10:00~17:30(閉館18:00)、11月は~16:30(閉館17:00)
休業日
期間中木曜、8月は無休(展示替え期間休、GWは営業)
料金
大人1500円、高・大学生1000円、小・中学生500円(20名以上の団体は各100円引(要予約)、障がい者手帳持参で割引あり)

軽井沢現代美術館 (カルイザワゲンダイビジュツカン) 世界で評価される日本人作家の素晴らしき作品たち

草間彌生、奈良美智、村上隆など、国内はもちろん海外でも絶大な評価を得ている作家の作品を多数展示。自然光がたっぷり入る館内で、ゆったりとした時間を過ごそう。

軽井沢現代美術館
軽井沢現代美術館
軽井沢現代美術館
軽井沢現代美術館

軽井沢現代美術館の詳細情報

住所
長野県軽井沢町長倉2052-2
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅からタクシーで5分
営業期間
4月下旬~11月下旬
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
期間中火・水曜、祝日の場合は開館(GWは開館、夏期は無休)
料金
入館料(ドリンク&お菓子代込み)=大人1000円、高校・大学生800円、小・中学生500円、未就学児無料/オリジナルノート=300円/かぼちゃのポストカード=520円(1枚)/(65歳以上800円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

旧軽井沢森ノ美術館 (キュウカルイザワモリノビジュツカン) 写真も撮れる体感型アート美術館

逆さまの部屋や世界の名画をモチーフにした作品など、さまざまなトリックアートを集めた美術館。鑑賞するのはもちろん、触れたり写真を撮ったりと楽しみ方は自由。

旧軽井沢森ノ美術館の詳細情報

住所
長野県軽井沢町軽井沢809
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで4分、旧軽井沢下車すぐ

軽井沢ニューアートミュージアム (カルイザワニューアートミュージアム) 散策途中に立ち寄れる身近なアートスポット

軽井沢駅から徒歩圏内にあるガラス張りのミュージアム。海外でも活躍する日本の現代作家を中心に紹介。1階には常設展とギャラリーのほか、ミュージアムショップやレストランも。

軽井沢ニューアートミュージアム
軽井沢ニューアートミュージアム
軽井沢ニューアートミュージアム

軽井沢ニューアートミュージアムの詳細情報

住所
長野県軽井沢町軽井沢1151-5
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(時期により異なる)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休、8月は無休
料金
入館料=無料(1階)、2階企画展は展示により異なる/ポストカード=108円(1枚)/トイプードルのカードホルダー=1260円/動物のこけし=各4500円~/(20名以上の団体は入館料300円引、障がい者は無料、同伴者1名は半額)
×