倉敷美観地区のおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

倉敷美観地区のおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。大橋家住宅、阿智神社、語らい座 大原本邸(旧大原家住宅)など情報満載。

大橋家住宅 (オオハシケジュウタク) 倉敷で唯一、町家全体を公開

江戸時代に塩田・水田の開発で財を成した大地主の住まい。建物内では、かつての日用品や家財道具などを展示する。襖や欄間など見事な意匠にも注目したい。靴を脱いで宅内まで入ることができる。重要文化財。

大橋家住宅
大橋家住宅
大橋家住宅
大橋家住宅

大橋家住宅の詳細情報

住所
岡山県倉敷市阿知3丁目21-31
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(4~9月の土曜は~18:00)
休業日
無休、12~翌2月は金曜、祝日の場合は開館(12月28日~翌1月3日休)
料金
大人550円、小・中学生350円(65歳以上350円、障がい者無料、団体30名以上は大人450円)

阿智神社 (アチジンジャ) 山上に建つフジの名所

鶴形山の山上に建つ、宗像三女神を祀る倉敷の総鎮守。境内には鶴亀の磐境(いわさか)やアケボノフジの巨木「阿知の藤」がある。絵馬殿からは倉敷美観地区が一望できる。

阿智神社
阿智神社
阿智神社
阿智神社

阿智神社の詳細情報

住所
岡山県倉敷市本町12-1
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
境内自由、授与所は7:00~17:00(祈祷受付は8:30~16:00)
休業日
無休
料金
情報なし

語らい座 大原本邸(旧大原家住宅) (カタライザ オオハラホンテイ キュウオオハラケジュウタク) 大原孫三郎の生家を一般公開

寛政7(1795)年より大原家当主の家として建てられた町家。母屋や倉など全10棟が重要文化財。2018年4月からその一部を一般公開。建物はもちろん、大原家の歴史や孫三郎・總一郎に関する展示が興味深い。

語らい座 大原本邸(旧大原家住宅)
語らい座 大原本邸(旧大原家住宅)
語らい座 大原本邸(旧大原家住宅)

語らい座 大原本邸(旧大原家住宅)の詳細情報

住所
岡山県倉敷市中央1丁目2-1
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30
休業日
月曜、祝日の場合は開館
料金
500円

有隣荘 (ユウリンソウ) 昭和天皇も宿泊した大原家の旧別邸

大原孫三郎が夫人のために昭和3(1928)年に建てた別邸。屋根瓦の色から地元では緑御殿と呼ばれる。現在は春と秋に大原美術館の特別展会場として内部を公開している。

有隣荘
有隣荘
有隣荘
有隣荘

有隣荘の詳細情報

住所
岡山県倉敷市中央1丁目3-18
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし
×