東北のおすすめのそばスポット

東北のおすすめのそばスポットをご紹介します。大内宿 三澤屋、桐屋・権現亭、大内宿 みなとやなど情報満載。

大内宿 三澤屋 (オオウチジュク ミサワヤ) ねぎで食すそばの元祖

今ではすっかり大内宿の名物となった高遠そばは、まるごと1本のねぎが入ったユニークな一品。ねぎを箸代わりにいただこう。そばはコシがあり風味も強くて美味。

大内宿 三澤屋
大内宿 三澤屋
大内宿 三澤屋
大内宿 三澤屋

大内宿 三澤屋の詳細情報

住所
福島県下郷町大内山本26-1
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅から会津バス枝松行きで15分、大内上下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉店17:00)
休業日
無休、1月は第2月~金曜
料金
高遠そば=1080円/水そば=1296円/けんちんそば=1080円/栃もち=648円/ 平均予算(昼):1500円

桐屋・権現亭 (キリヤ ゴンゲンテイ) 会津屈指のこだわりのそばの店

豊かな風味と強いコシが特徴。福島県のオリジナル品種「会津のかおり」をはじめ、一番粉のみを使った飯豊権現そば、石臼挽き十割そばの会津頑固そばなどが味わえる。

桐屋・権現亭
桐屋・権現亭
桐屋・権現亭
桐屋・権現亭

桐屋・権現亭の詳細情報

住所
福島県会津若松市上町2-34
交通
JR磐越西線会津若松駅から会津バス永井野行きで4分、郵便局前下車、徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、17:00~21:00(閉店21:30、日曜、連休最終日は昼のみ)、祝日の夜は~19:30(閉店20:00)
休業日
水曜(1月1日休)
料金
会津のかおり=1588円/そば三昧=1750円/天ざる三昧=2743円/天ざる頑固=2581円/会津頑固そば=1588円/飯豊権現そば=1588円/夢見そば(水そば)=562円/そば屋のミニ天丼=637円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):1500円

大内宿 みなとや (オオウチジュク ミナトヤ) 香ばしい名物しんごろうを

下郷町特産の会津地鶏を使った「地鶏うどん」「地鶏ソバ」などが人気の店。軽食には「しんごろう」がおすすめ。飯をつぶし、じゅうねん味噌を付けて炭火で焼いた素朴な郷土料理。

大内宿 みなとや
大内宿 みなとや
大内宿 みなとや
大内宿 みなとや

大内宿 みなとやの詳細情報

住所
福島県下郷町大内山本34
交通
会津鉄道会津線湯野上温泉駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉店17:00、12月下旬~翌3月上旬は要予約)
休業日
不定休(GW・盆時期は営業)
料金
会津地鶏うどん=970円/会津地鶏そば=970円/ざるそば=860円/天ざるそば=1300円/名物しんごろう(1本)=200円/栃もち(1皿2個)=540円/ 平均予算(昼):1000円

蕎麦 香寿庵 (ソバ コウジュアン) 甘みと食感の絶妙なバランス

南会津産の「会津のかおり」を100%使用し、自家製粉して仕込む十割そばを提供する。ほのかな甘みや香りを感じながら、みずみずしい食感やのどごしが存分に楽しめる。

蕎麦 香寿庵
蕎麦 香寿庵
蕎麦 香寿庵

蕎麦 香寿庵の詳細情報

住所
福島県会津若松市東栄町1-84
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で19分、北出丸大通り下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、17:00~19:00(L.O.、そばがなくなり次第閉店、月曜は昼のみ)
休業日
無休
料金
天ざるそば=1360円/高遠そば=800円/ソースカツ丼=980円/会津香寿膳=1620円/会津白虎膳=1300円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):3000円

そば処和田 (ソバドコロワダ) 栽培から器までこだわりのそば

南会津町田島にある畑で自家栽培したそば粉を用いる。石臼で粗めに挽いてから、つなぎを一切使わずに湯と水だけで練り上げる。香りが高く甘みがあり、コシが強い。

そば処和田
そば処和田
そば処和田

そば処和田の詳細情報

住所
福島県会津若松市和田2丁目2-9
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で7分、和田下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(閉店15:00)、17:00~19:30(閉店20:00、冬期は予約制)
休業日
火曜(12月31日~翌1月3日休)
料金
天ざるそば=1620円/高遠そば=1080円/鴨ざる=1296円/にしんそば=1404円/ざるそば=972円/カツ丼セット=1404円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1500円
×