修学院・白川通りのおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

修学院・白川通りのおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。金福寺、圓光寺、詩仙堂(丈山寺)など情報満載。

金福寺 (コンプクジ) かくれた紅葉の名所でもある

芭蕉と交流のあった同寺の鉄舟和尚が芭蕉庵を建て、のちに与謝蕪村が庵を再興。蕪村の墓や、門下の俳人の句碑が並ぶ。小説『花の生涯』のヒロイン村山たか女ゆかりの寺。

金福寺
金福寺
金福寺
金福寺

金福寺の詳細情報

住所
京都府京都市左京区一乗寺才形町20
交通
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、一乗寺下り松町下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
無休(1月16~31日休、8月5~20日休、12月30~31日休)
料金
大人400円、中高校生200円、小学生無料(障がい者手帳の提示で本人は50円引)

圓光寺 (エンコウジ) 苔庭を華麗に彩る、悟りの庭の秋模様

慶長6(1601)年、家康が足利学校の京分校を伏見に創建。60年後に現在地に移築した。武士や僧侶を教育した学校は、現在は臨済宗南禅寺派の寺。

圓光寺
圓光寺
圓光寺
圓光寺

圓光寺の詳細情報

住所
京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
交通
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、一乗寺下り松町下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
無休
料金
大人500円、中・高校生400円、小学生300円(障がい者手帳持参で100円引)

詩仙堂(丈山寺) (シセンドウ ジョウザンジ) 文人が隠棲した山荘

風流人として知られた江戸初期の文人、石川丈山が結んだ草庵。緑に囲まれ、質素にして風雅な趣。白砂を敷きつめた庭園は3月は梅、5月はサツキと、四季折々に美しい。名前の由来となった「詩仙の間」で、ししおどしの音と庭園の眺めを楽しみたい。

詩仙堂(丈山寺)
詩仙堂(丈山寺)
詩仙堂(丈山寺)
詩仙堂(丈山寺)

詩仙堂(丈山寺)の詳細情報

住所
京都府京都市左京区一乗寺門口町27
交通
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、一乗寺下り松町下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:45(閉門17:00)
休業日
無休(5月23日休(丈山忌法要))
料金
大人500円、高校生400円、小・中学生200円(障がい者手帳持参で本人のみ200円)

曼殊院門跡 (マンシュインモンゼキ) 枯山水の庭と紅葉が風流な寺

「竹ノ内門跡」とも呼ばれる門跡寺院。最澄が比叡山内に建てた堂を、明暦2(1656)年、桂離宮を造営した八条宮智仁親王の子、良尚法親王が現在の地に移した。小さな桂離宮ともいわれ、重要文化財の書院や庭園など、見どころが豊富だ。四季を通じて庭園美が楽しめ、紅葉の名所としても有名。

曼殊院門跡
曼殊院門跡
曼殊院門跡
曼殊院門跡

曼殊院門跡の詳細情報

住所
京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
交通
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、一乗寺清水町下車、徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
無休
料金
大人600円、高校生500円、小・中学生400円(30名以上の団体は大人50円引、障がい者手帳持参で本人半額)

修学院離宮 (シュウガクインリキュウ) 市街を一望する広大な山荘

後水尾上皇が修学院に造営した比叡山麓にある山荘。山裾から上へ順に3つの茶屋がある。下離宮は寿月観を中心にした池泉回遊式庭園、中離宮には女院御所から移築された客殿と、楽只軒があり、最高所である上離宮には隣雲亭が建ち、市街が一望できる。

修学院離宮の詳細情報

住所
京都府京都市左京区修学院藪添
交通
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、修学院離宮道下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
予約制、1日2回の当日枠あり要問合せ
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月28日~翌1月4日休)
料金
無料
×