上高地のおすすめの宿泊・温泉スポット

上高地のおすすめの宿泊・温泉スポットをご紹介します。横尾山荘、坂巻温泉、上高地 明神館など情報満載。

横尾山荘 (ヨコオサンソウ) 槍ヶ岳や穂高岳、蝶ヶ岳への登山拠点、横尾に立地する山小屋

槍沢と横尾谷が合流して梓川となる地点に立つ山小屋。槍ヶ岳、穂高連峰・涸沢、蝶ヶ岳への登山基地として親しまれ、宿泊客専用の浴場が好評。宿泊予約が望まれ、混雑期は定員制の相部屋となる。

横尾山荘

横尾山荘の詳細情報

住所
長野県松本市安曇上高地横尾
交通
松本電鉄上高地線新島々駅から上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩3時間
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
イン13:00、アウト9:00(ショップは7:00~18:00)
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=10000円/手ぬぐい槍穂柄=600円/切り絵柄=800円/

坂巻温泉 (サカマキオンセン) 露天風呂から美しい自然を見渡す、梓川渓谷に面して建つ一軒宿

梓川渓谷より湧出し、子宝の湯として知られた名湯。宿は、梓川渓谷に建つ「坂巻温泉旅館」。やわらかい肌触りの湯の露天風呂で、深緑の夏は森林浴、雪に覆われる冬は秘湯の雰囲気が楽しめる。

坂巻温泉
坂巻温泉

坂巻温泉の詳細情報

住所
長野県松本市安曇坂巻
交通
松本電鉄上高地線新島々駅から松本電鉄バス上高地・平湯方面行きで50分、坂巻温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

上高地 明神館 (カミコウチ ミョウジンカン) パワースポット明神の一軒宿

上高地始まりの地で創業400余年の古い歴史をもつ山の宿。明神岳を望む展望風呂が好評だ。館内からの穂高の朝焼けや、明神池の朝もやはとくに美しい。上高地の自然散策や登山の拠点にぴったりだ。

上高地 明神館
上高地 明神館
上高地 明神館
上高地 明神館

上高地 明神館の詳細情報

住所
長野県松本市安曇上高地明神4468
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩45分
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
イン15:00、アウト8:30
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=9500円(相部屋)、13500円~(個室)/上高地明神館バッジ=500円/

上高地温泉ホテル(日帰り入浴) (カミコウチオンセンホテル) 江戸時代、上高地で最初に開かれた温泉

梓川を望んで建つ、文人墨客が愛した温泉ホテル。上高地で最初に開かれた温泉で、起源は江戸時代までさかのぼる。湯量豊富な3本の自家源泉をもち、異なる個性の湯を楽しめるのも人気のゆえん。

上高地温泉ホテル(日帰り入浴)

上高地温泉ホテル(日帰り入浴)の詳細情報

住所
長野県松本市安曇上高地4469-1
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間3分、帝国ホテル前下車、徒歩8分
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
7:00~9:00(閉館)、12:30~15:00(閉館)、食事付入浴は17:00~19:00(L.O.)
休業日
期間中無休
料金
入浴料=大人800円、小学生400円/食事付入浴(要予約)=5000円~/

氷壁の宿 徳澤園 (ヒョウヘキノヤド トクサワエン) トレッキングの中継基地

井上靖の小説「氷壁」に登場する宿。上高地バスターミナルから明神を通り過ぎた徳沢の緑濃い草原の中に建つ。季節の料理と家庭的なもてなしが旅の疲れを癒してくれる。

氷壁の宿 徳澤園
氷壁の宿 徳澤園
氷壁の宿 徳澤園
氷壁の宿 徳澤園

氷壁の宿 徳澤園の詳細情報

住所
長野県松本市安曇上高地4468
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩2時間
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
イン14:00、アウト8:30
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=12000円~(相部屋)、15500円~(個室)/徳澤園オリジナルがまぐち=1200円/
×