加古川・高砂のおすすめの宿泊・温泉スポット

加古川・高砂のおすすめの宿泊・温泉スポットをご紹介します。加古川天然温泉 ぷくぷくの湯、加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴)、みとろ荘など情報満載。

加古川天然温泉 ぷくぷくの湯 (カコガワテンネンオンセン プクプクノユ) 関西随一の名湯と同等の湯をリーズナブルにのんびりと

地下1102mから湧出する塩類泉は有馬と同等の泉質で、質の高いホンモノ温泉ならではの効能。平日は低価格で10種の温浴が楽しめるほか、食事処や休憩処、癒し処もあって一日中ゆっくりくつろげる。

加古川天然温泉 ぷくぷくの湯
加古川天然温泉 ぷくぷくの湯

加古川天然温泉 ぷくぷくの湯の詳細情報

住所
兵庫県加古川市加古川町南備後315-1
交通
JR神戸線加古川駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~23:00(閉館24:00)、土・日曜、祝日は7:00~
休業日
無休、偶数月は第3木曜
料金
入浴料=大人550円、小人(4歳~小学生)350円/入浴料(土・日曜、祝日)=大人650円、小人400円/岩盤浴=300円加算(小人の利用不可)/

加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴) (カコガワオンセン ミトロソウ) 寝湯付きの個性的な露天風呂が好評。料理もおすすめ

室町時代の井口城本丸跡に建つ。味の宿として知られるが入浴だけの利用者も多く、瀬戸内から直送する海鮮がおいしい食事付きセットもおすすめ。緑に包まれた庭園風の露天岩風呂が評判だ。

加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴)
加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴)
加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴)
加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴)

加古川温泉 みとろ荘(日帰り入浴)の詳細情報

住所
兵庫県加古川市上荘町井ノ口520
交通
JR加古川線厄神駅からタクシーで5分(厄神駅から送迎あり、予約制、JR神野駅10時発、厄神駅10時10分発の日帰り定期バスあり)
営業期間
通年
営業時間
10:00~21:00(閉館22:00)
休業日
第2水曜、8・12~翌1月は無休
料金
入浴料=大人500円、小学生300円/食事付休憩(個室利用、11:00~15:00、16:30~22:00、要予約)=3900円~/

みとろ荘 (ミトロソウ) 田園風景に包まれたのどかで気軽な温泉宿

室町期初頭に築かれた井ノ口城本丸にあたる場所に建つ一軒宿。食事には、瀬戸内海の鮮魚や神戸牛を使った会席、鍋料理などを用意。名物の牛肉の瓦焼もぜひ味わいたい一品。

みとろ荘
みとろ荘
みとろ荘
みとろ荘

みとろ荘の詳細情報

住所
兵庫県加古川市上荘町井ノ口520
交通
JR加古川線厄神駅からタクシーで5分(厄神駅から送迎あり、予約制、JR神野駅10時発、厄神駅10時10分発の日帰り定期バスあり)
営業期間
通年
営業時間
イン16:30、アウト10:00
休業日
第2水曜、1・8・12月は無休
料金
1泊2食付=7480~13288円/外来入浴(10:00~22:00、受付は~21:00、第2水曜休、1・8・12月は無休)=500円/外来入浴食事付(11:00~15:00、16:30~22:00、第2水曜休、1・8・12月は無休、個室利用、要予約)=3900円~/

加古川温泉 (カコガワオンセン) 洞窟風呂と露天風呂が好評。静かに過ごせる加古川唯一の温泉宿

加古川畔の丘に湧く温泉。室町時代初期に築かれた井ノ口城の本丸にあたる場所に一軒宿「みとろ荘」が建つ。美貌で評判だった井ノ口家治の姫、美登呂姫が名称の由来になっている。

加古川温泉
加古川温泉

加古川温泉の詳細情報

住所
兵庫県加古川市上荘町井ノ口
交通
JR加古川線厄神駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし
×