宇治市街のおすすめの寺院(観音・不動)スポット

宇治市街のおすすめの寺院(観音・不動)スポットをご紹介します。平等院、萬福寺、三室戸寺など情報満載。

平等院 (ビョウドウイン) 荘厳な建物に、『源氏物語』の世界を見る

紫式部が仕えた中宮の父、藤原道長の別荘を、その子・頼通が寺院に改めた。阿字池に浮かぶ絢爛豪華な建物や庭園を造営し、極楽浄土を現出させた。国宝・鳳凰堂(阿弥陀堂)に安置される阿弥陀如来坐像は平安期の傑作。

平等院
平等院
平等院
平等院

平等院の詳細情報

住所
京都府宇治市宇治蓮華116
交通
京阪宇治線宇治駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:15(閉門17:30)、鳳翔館は9:00~16:45(閉館17:00)、鳳凰堂内部拝観は9:10~16:10(拝観開始は9:30~)
休業日
荒天時(法要による臨時休あり)
料金
拝観料(庭園+平等院ミュージアム鳳翔館)=大人600円、中・高校生400円、小学生300円/鳳凰堂内拝観料=300円/ストラップ=1100円~/クリアファイル=250円/(25名以上の団体は大人500円、中・高校生300円、小学生200円、鳳凰堂内拝観料別途300円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名拝観料半額)

萬福寺 (マンプクジ) 壮大な三門が迎える黄檗の大本山

黄檗宗の大本山。寛文元(1661)年に明の禅僧、隠元禅師が中国の黄檗山萬福寺を手本に建立した寺。境内には明朝時代の建築様式を伝える諸堂が立ち並ぶ。普茶料理が味わえることでも知られる。

萬福寺
萬福寺
萬福寺
萬福寺

萬福寺の詳細情報

住所
京都府宇治市五ヶ庄三番割34
交通
JR奈良線黄檗駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
無休
料金
拝観料=大人500円、中学生300円/写経(拝観料含む)=2500円/坐禅(拝観料含む)=1500円/普茶料理(2名以上、要予約、拝観料含む)=5900円、8060円/普茶弁当(1人以上)=3740円/(30名以上の団体は大人450円、高・大学生300円、中学生250円、小学生200円、障がい者手帳持参で本人のみ無料)

三室戸寺 (ミムロトジ) 季節の花々が咲く、別名「花の寺」

宇治の古刹で、宝蔵庫には阿弥陀三尊像など重要文化財の仏像が安置されている。別名「あじさい寺」とも呼ばれ、境内には紫、青、ピンクと日々七変化するアジサイ1万株が杉木立の間に咲き誇る。

三室戸寺
三室戸寺
三室戸寺
三室戸寺

三室戸寺の詳細情報

住所
京都府宇治市菟道滋賀谷21
交通
京阪宇治線三室戸駅から徒歩15分
営業期間
通年(宝物館は毎月17日)
営業時間
8:30~16:00(閉門、時期により異なる)
休業日
無休(12月29~31日休)
料金
見学料=500円/宝物館=300円/良運守り=500円/かぐや姫守=500円/

興聖寺 (コウショウジ) 紅葉一色に染まる琴坂へ

曹洞宗の開祖である道元が建立した寺。慶安元(1648)年、淀城主の永井尚政がこの地に復興させて現在に至る。整った境内に立つ本堂は、伏見城の遺構といわれている。

興聖寺
興聖寺
興聖寺
興聖寺

興聖寺の詳細情報

住所
京都府宇治市宇治山田27-1
交通
京阪宇治線宇治駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
無休(法要による臨時休あり、1月1~3日休)
料金
本堂拝観=300円(志納)/

放生院 (ホウジョウイン) 地蔵菩薩立像と不動明王立像を祀っている

宇治橋近くに立ち、別名橋寺とも呼ばれる。本堂に地蔵菩薩立像と不動明王立像(重要文化財)を祀っている。宇治橋架橋の由来を刻んだ日本最古の碑「宇治橋断碑」(重要文化財)が立つ。

放生院
放生院
放生院

放生院の詳細情報

住所
京都府宇治市宇治東内11
交通
京阪宇治線宇治駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(11~翌3月は~16:00)
休業日
無休(12月25~31日休)
料金
見学料(本堂、予約制)=500円/断碑(3~5・9~11月のみ)=300円/仏像拝観=500円/
  • 1
  • 2
×