沖縄南部のおすすめの自然地形スポット

沖縄南部のおすすめの自然地形スポットをご紹介します。ガンガラーの谷、喜屋武岬、久高島など情報満載。

ガンガラーの谷 (ガンガラーノタニ) ガジュマルに守られた神秘的な森

数十万年前の鍾乳洞が崩落してできた亜熱帯の森。ガジュマルの大木や命の誕生を祈るイキガ洞、港川人の発掘調査が行なわれている武芸洞などが点在。ガイドツアーでのみ見学できる。

ガンガラーの谷
ガンガラーの谷
ガンガラーの谷
ガンガラーの谷

ガンガラーの谷の詳細情報

住所
沖縄県南城市玉城前川202
交通
那覇空港自動車道南風原南ICから県道48・17号を玉城方面へ車で6km
営業期間
通年
営業時間
10:00~、12:00~、14:00~、16:00~(予約定員制)、電話受付は9:00~18:00
休業日
無休(イベントのため臨時休あり)
料金
ガイドツアー参加料=大人2200円、学生1700円(要学生証持参)、中学生以下無料(保護者同伴)/(ツアー中の飲み物代込)

喜屋武岬 (キャンミサキ) 本島最南端の岬から望む美しい紺碧の海

太平洋と東シナ海を分けるポイントで、険しい断崖絶壁と紺碧の海が広がる景勝地。岬の先端には、昭和44(1969)年に現在の場所に建立された慰霊碑「平和の塔」が静かに立っている。

喜屋武岬
喜屋武岬
喜屋武岬
喜屋武岬

喜屋武岬の詳細情報

住所
沖縄県糸満市喜屋武
交通
那覇空港から国道331号を糸満方面へ車で16km
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

久高島 (クダカジマ) 神様に一番近い南城市の離島

太平洋に浮かぶアマミキヨゆかりのスポット。神話にまつわる場所が数多く残り、今も伝統的な祭祀が年に30ほど行なわれる。周囲8kmの平坦な島は、自転車で一周するのがおすすめ。

久高島
久高島
久高島
久高島

久高島の詳細情報

住所
沖縄県南城市知念久高
交通
安座真港から久高海運高速船で15分、徳仁港下船
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:30(10~翌3月は~17:00)
休業日
情報なし
料金
乗船料(往復)=1460円(大人)、750円(6歳~小学生)/

奥武島 (オウジマ) 海人の島でゆるり旅気分

南城市の沖合い150mに浮かぶ周囲1.6kmの島。本島とは橋でつながっているので車や徒歩でひとめぐりできる。天ぷらなどが味わえるパーラーや食堂は地元でも人気。

奥武島
奥武島
奥武島
奥武島

奥武島の詳細情報

住所
沖縄県南城市玉城奥武
交通
ゆいレール旭橋駅から徒歩7分の上泉バス停から琉球バス交通53番志喜屋線百名バスターミナル行きで45分、奥武下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

竜宮神 (リュウグウシン) 海岸にそびえる不思議な形の巨岩

海の神、竜宮神がやどるといわれている奇岩。島の海神祭では、岩に向かって航海の安全と豊漁を祈る。干潮時には目の前まで歩いて行けるが、岩場が滑りやすいので歩きやすい靴で。

竜宮神

竜宮神の詳細情報

住所
沖縄県南城市玉城奥武
交通
ゆいレール旭橋駅から徒歩7分の上泉バス停から琉球バス交通53番志喜屋線百名バスターミナル行きで45分、奥武下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし
  • 1
  • 2
×