成田市街のおすすめのグルメスポット

成田市街のおすすめのグルメスポットをご紹介します。旅館大野屋、川豊、蕎麦處 ふじやなど情報満載。

旅館大野屋 (リョカンオオノヤ) 旨みがしみ出す極上のうな茶漬

鉄砲漬の販売をしている元旅館で、創業300年余りを数える。名物は大野屋特製うな茶漬。うなぎの旨みとだしの味わいが絶妙と評判が高い。表参道のシンボルともいえる望楼付の店舗は登録有形文化財。

旅館大野屋

旅館大野屋の詳細情報

住所
千葉県成田市仲町371
交通
JR成田線成田駅から徒歩13分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉店、時期により異なる)
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
うな茶漬並=3300円/漬物茶漬=1100円/天丼茶漬=1800円/うな重並=3100円/ 平均予算(昼):1800円

川豊 (カワトヨ) 熟練の職人技が生み出す絶品うな重

明治43(1910)年創業のうなぎ専門店。割きたて、蒸したて、焼きたてをモットーに秘伝のタレを使って焼くうなぎは、ふわっととろけるような食感と香ばしさが記憶に残る。

川豊

川豊の詳細情報

住所
千葉県成田市仲町386
交通
JR成田線成田駅から徒歩11分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(L.O.)
休業日
不定休(年末休)
料金
上うな重=3100円/うな重=2500円/鯉の洗い=860円/きも吸=100円/ 平均予算(昼):2500円

蕎麦處 ふじや (ソバドコロ フジヤ) 黄色いそばが自慢の老舗

昭和9(1934)年からこだわりのそばを打ち続ける蕎麦屋。水の代わりに卵黄でつないだ「卵切りそば」は歯ごたえが良く、絶品。材料にこだわっているため、5人以上は前日までに予約必要だ。

蕎麦處 ふじや

蕎麦處 ふじやの詳細情報

住所
千葉県成田市幸町495
交通
JR成田線成田駅から徒歩9分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:50(閉店17:00)
休業日
金曜、1月は無休(年末休)
料金
卵切りそば(1人前、前日までに要予約)=850円/ 平均予算(昼):800円

三芳家 (ミヨシヤ) 庭を眺めてほっとひと息

参道から小道を入ったところにある隠れ家的茶屋。店の裏側は小さな滝とせせらぎのある和風庭園で、季節ごとに自然の趣を感じながらお茶や甘味が味わえる。

三芳家

三芳家の詳細情報

住所
千葉県成田市仲町386-2
交通
JR成田線成田駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(L.O.)
休業日
水曜、1・5・9月は無休(8・12月は臨時休あり)
料金
ピーナッツあべかわもち=800円/クリームあんみつ=800円/抹茶、たきあずきセット=1050円/くずきり=700円/抹茶(お菓子付き)=800円/ 平均予算(昼):700円

後藤だんご屋 (ゴトウダンゴヤ) 昔ながらの手作り団子

弘化2(1845)年創業。毎朝その日の分だけつく餅を使った焼き団子とあん団子が名物。夏は60年前の機械で作るかき氷や天草100%のところてんがおすすめ。

後藤だんご屋
後藤だんご屋

後藤だんご屋の詳細情報

住所
千葉県成田市上町499
交通
JR成田線成田駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉店17:00)
休業日
不定休(12月31日休)
料金
焼き団子=450円/酢醤油ところてん=430円/黒みつのところてん=480円/あんだんご(3個)=450円/いなりずし(5個)=475円/ 平均予算(昼):400円
  • 1
  • 2
×