MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

道後温泉のおすすめの温泉・入浴施設スポット

道後温泉のおすすめの温泉・入浴施設スポットをご紹介します。道後温泉本館、道後温泉、道後温泉 椿の湯など情報満載。

道後温泉本館 (ドウゴオンセンホンカン) 公衆浴場にして重要文化財。道後に来たらまずはココへ

明治27(1894)年建造の木造三層楼の公衆浴場で、重要文化財に指定。「神の湯」「霊の湯」の2種類の浴室があり、湯上がりに貸し浴衣やお茶などが付くコースがある。平成31(2019)年1月より、保存修理工事に伴い、休憩室がある2階以上を休館、1階神の湯で営業。

道後温泉本館
道後温泉本館
道後温泉本館
道後温泉本館

道後温泉本館の詳細情報

住所
愛媛県松山市道後湯之町5-6
電話
089-921-5141
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで25分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
神の湯階下6:00~22:30(閉館23:00)、神の湯2階席および霊の湯2階席は~21:00(閉館22:00)、霊の湯3階個室は~20:40(閉館22:00)、又新殿は~21:00(閉館21:30)
休業日
無休(12月は1日臨時休あり)

道後温泉 (ドウゴオンセン) 有馬、白浜と並ぶ日本三古湯のひとつ。古きよき時代の風情を残す

開湯は縄文時代といわれ、聖徳太子も訪れたという。正岡子規など、ゆかりの著名人は数多い。近代的なホテルが並ぶが、夏目漱石『坊っちゃん』で描かれた道後温泉本館のたたずまいはそのまま。

道後温泉
道後温泉
道後温泉

道後温泉の詳細情報

住所
愛媛県松山市道後湯之町、道後鷺谷町ほか
電話
089-943-8342(道後温泉旅館協同組合)
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで25分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

道後温泉 椿の湯 (ドウゴオンセン ツバキノユ) 道後温泉本館の姉妹湯

昔この地を訪れた聖徳太子が咲き誇る椿の美しさを褒め称えたという話からこの名が付いた。鉄筋のモダンな建物で本館とは違った風情を楽しめる。

道後温泉 椿の湯
道後温泉 椿の湯
道後温泉 椿の湯
道後温泉 椿の湯

道後温泉 椿の湯の詳細情報

住所
愛媛県松山市道後湯之町19-22
電話
089-935-6586
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで25分、終点下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
6:30~22:30(閉館23:00)
休業日
無休(12月は1日臨時休あり)

道後舘(日帰り入浴) (ドウゴカン) 建物は黒川紀章設計で斬新なデザインがひときわ目を引く

にぎやかな温泉街のなかでも、斬新なデザインがひときわ目を引く黒川紀章設計の建物。大浴場には、あつ湯、ぬる湯、露天風呂、打たせ湯、寝風呂、サウナなどがある。

道後舘(日帰り入浴)
道後舘(日帰り入浴)
道後舘(日帰り入浴)
道後舘(日帰り入浴)

道後舘(日帰り入浴)の詳細情報

住所
愛媛県松山市道後多幸町7-26
電話
089-941-7777
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで25分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
12:00~23:00(閉館24:00)
休業日
無休

奥道後 壱湯の守(日帰り入浴) (オクドウゴ イチユノモリ) おすすめは貸切露天風呂。美しい自然と美人の湯も魅力

石手川の渓谷美が楽しめる西日本最大級の露天風呂があることで有名。大湯や寝湯、サウナなど男女各7種の風呂が楽しめる。個室の貸切露天風呂もおすすめ。

奥道後 壱湯の守(日帰り入浴)
奥道後 壱湯の守(日帰り入浴)
奥道後 壱湯の守(日帰り入浴)
奥道後 壱湯の守(日帰り入浴)

奥道後 壱湯の守(日帰り入浴)の詳細情報

住所
愛媛県松山市末町267
電話
089-977-1111
交通
JR松山駅から伊予鉄バス湧ヶ渕行きで50分、奥道後下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~20:00(閉館21:00)、貸切露天風呂は11:00~22:00
休業日
無休
×