川越市街のおすすめの寺院(観音・不動)スポット

川越市街のおすすめの寺院(観音・不動)スポットをご紹介します。川越大師 喜多院、中院、蓮馨寺など情報満載。

川越大師 喜多院 (カワゴエタイシ キタイン) 徳川家と強い縁がある古刹

平安時代に、慈覚大師円仁により創建。江戸時代の川越大火によりほとんどを消失した喜多院に、3代将軍家光が江戸城内から客殿、書院などを移築。そのため江戸の大火による焼失を免れ、江戸城唯一の遺構として、今も「家光誕生の間」や「春日局化粧の間」など貴重な建築を残している。五百羅漢は日本三大羅漢のひとつに数えられており、阿弥陀如来や地蔵菩薩も含めて合計538体鎮座している。

川越大師 喜多院
川越大師 喜多院
川越大師 喜多院
川越大師 喜多院

川越大師 喜多院の詳細情報

住所
埼玉県川越市小仙波町1丁目20-1
交通
西武新宿線本川越駅から小江戸巡回バス喜多院先回りで9分、喜多院下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:50~15:30(閉門16:00)、日曜、祝日は~15:50(閉門16:20、時期により異なる、要問合せ)
休業日
無休(2月2~4日休、4月2~5日休、8月16日休、12月25日~翌1月8日休、臨時休あり)
料金
江戸城遺構建造物と五百羅漢の拝観料=大人400円、小人200円、未就学児無料/(20名以上の団体は大人350円、小・中学生150円、障がい者は半額)

中院 (ナカイン) 境内は桜やツツジの季節が美しい

天長7(830)年、慈覚大師が開基。境内は桜やツツジの季節が美しい。河越茶、狭山茶の発祥の地でもあり、開山の時、京都より持ち込んだ茶の実を境内で栽培したのが起源だという。

中院

中院の詳細情報

住所
埼玉県川越市小仙波町5丁目15-1
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

蓮馨寺 (レンケイジ) 厄除け、安産などにご利益がある

厄除け、家内安全、商売繁昌、学業成就、安産子育て、水子供養などの願いを叶える、生き仏として崇められた呑龍上人をまつる徳川家ゆかりの名刹。堂前には、触ると病が治るという「おびんづる様」が鎮座。夜間はライトアップあり。

蓮馨寺
蓮馨寺
蓮馨寺
蓮馨寺

蓮馨寺の詳細情報

住所
埼玉県川越市連雀町7-1
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
境内自由、祈願は9:00~17:00(閉堂)
休業日
無休
料金
情報なし

成田山川越別院本行院 (ナリタサンカワゴエベツインホンギョウイン) 真言宗成田山新勝寺の別院

成田山新勝寺の別院で「川越のお不動様」として親しまれる。毎月28日の蚤の市や11月の火渡り祭で有名。交通安全、家内安全、商売繁盛など諸々の祈願を毎日受け付けている。

成田山川越別院本行院
成田山川越別院本行院

成田山川越別院本行院の詳細情報

住所
埼玉県川越市久保町9-2
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:00~16:00
休業日
無休
料金
無料
×