該当するスポットが存在しません。

石巻・牡鹿半島

石ノ森章太郎ゆかりの漫画の街と漁港で味わう海の恵み

石巻は旧北上川河口に開けた水運の町。藩政時代には、奥州きっての米の集積地として栄えた交易都市だった。明治期以降は漁業の町としても発展し、現在は漫画家、石ノ森章太郎ゆかりの漫画の街として知られる。女川は牡鹿半島への入口で、沿岸漁業の基地であるとともにカキやホタテの養殖も盛んな街。入り組んだリアス式海岸が美しい牡鹿半島の沖に浮かぶ金華山は東北三大霊場のひとつで、全島が中央部にある黄金山神社の神域となっている。鮎川は古くからの捕鯨基地で、珍しいクジラ料理が食べられる。

×