該当するスポットが存在しません。

下館

陶芸界の巨匠のふるさとと、歴史的な街並みが残る街

鬼怒川が流れ、豊かな自然に恵まれた筑西市。その中心地が下館藩の城下町として栄えた下館。近代陶芸の開拓者と言われる板谷波山の生家が保存されていて、木造瓦葺きの平屋や江戸中期の座敷などが歴史を感じさせる。生家の敷地内に「板谷波山記念館」があり、多くの作品を展示している。桜川市真壁には、戦国時代から形づくられ江戸時代に完成したという、独自の町割りが見られる。江戸時代から大正時代に建てられた見世蔵も残っており、伝統的建造物群保存地区に指定されている。

×