該当するスポットが存在しません。

出雲崎

天領として栄えた往時を物語る街並みと良寛や芭蕉ゆかりの地

江戸時代には幕府直轄の天領だった出雲崎。北国街道の宿場町として、また北前船が寄港し、佐渡金山からの荷が揚がる港として、栄華を誇った。その面影を残すのが間口が狭く、奥行が長い「妻入り」という形の家屋が並ぶ街並みで、貴重な景観が大切に守られている。僧侶であり、歌人・書家でもあった良寛の生誕地として知られ、海に臨む生家跡には「良寛堂」が立つ。芭蕉が『荒海や佐渡によこたふ天の河』の句を詠んだところとしても知られ、ゆかりの寺や史跡もある。出雲崎漁港で水揚げされる新鮮な魚も味わいたい。

×