該当するスポットが存在しません。

遠州森

秋葉山詣での宿場町として栄えた町

遠州森は鎌倉中期にその起源をもつといわれる古い町。江戸時代中期には『火伏せの神』として多くの信仰を集めた秋葉神社(浜松市天竜区)への参道の宿場町として栄え、立派な常夜灯が残っている。神代からの歴史を有するとされる「小國神社」は遠江國一宮で、明治期に再建された本殿が杉林の中に建つ。参集殿裏手にある「ひょうの木」は、縁結びのご神木としても注目されている。勝負運、子授け、厄除けの寺として有名な「大洞院」もある。

×