該当するスポットが存在しません。

安土

天下統一の拠点として織田信長が城を築いた地

安土城の城下町としての歴史を刻む町。安土城は、天下統一を夢見た織田信長が天正4(1576)年に築城を開始、完成からわずか3年で焼失した幻の城だ。絢爛豪華な天主の最上部を復元したものが展示されている「安土城天主信長の館」や、城造りを紹介するコーナーもある「滋賀県立安土城考古博物館」など、信長ゆかりのスポットが点在する。佐々木六角氏の居城だった「観音寺城跡」や、聖徳太子ゆかりの古刹「観音正寺」も見逃せない。

×